ライフサイクル設定をデタッチする - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ライフサイクル設定をデタッチする

スクリプトを更新するには、新しいライフサイクル設定スクリプトを作成し、それぞれの Amazon SageMaker ドメイン (ドメイン)、ユーザープロファイル、または共有スペースにアタッチする必要があります。ライフサイクル設定スクリプトは、作成後に変更できません。ライフサイクル設定の作成やアタッチの詳細については、「ライフサイクル設定の作成と関連付け」を参照してください。

次のセクションでは、 () を使用してライフサイクル設定を AWS Command Line Interface デタッチする方法を示しますAWS CLI。

を使用してデタッチする AWS CLI

(AWS CLI) を使用してライフサイクル設定をデタッチするには、リソースにアタッチされているライフサイクル設定のリストから目的のライフサイクル設定を削除します。次に、リストをそれぞれのコマンドの一部として渡します。

例えば、次のコマンドは、ドメインにアタッチされている JupyterLab アプリケーションのすべてのライフサイクル設定を削除します。

aws sagemaker update-domain --domain-id domain-id \ --region region \ --default-user-settings '{ "JupyterLabAppSettings": { "LifecycleConfigArns": [] } }'