k-means のレスポンス形式 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

k-means のレスポンス形式

SageMaker の組み込みアルゴリズムはすべて、で説明されている一般的な入力推論形式に従います。共通データ形式-推論の例。このトピックには、SageMaker k-means アルゴリズムで使用可能な出力形式のリストが含まれています。

JSON レスポンスの形式

{ "predictions": [ { "closest_cluster": 1.0, "distance_to_cluster": 3.0, }, { "closest_cluster": 2.0, "distance_to_cluster": 5.0, }, .... ] }

JSONLINES レスポンスの形式

{"closest_cluster": 1.0, "distance_to_cluster": 3.0} {"closest_cluster": 2.0, "distance_to_cluster": 5.0}

RECORDIO レスポンスの形式

[ Record = { features = {}, label = { 'closest_cluster': { keys: [], values: [1.0, 2.0] # float32 }, 'distance_to_cluster': { keys: [], values: [3.0, 5.0] # float32 }, } } ]

CSV レスポンスの形式

各行の最初の値は closest_cluster に対応します。

各行の 2 番目の値は distance_to_cluster に対応します。

1.0,3.0 2.0,5.0