トレーニングおよび推論コンテナをインターネット無料モードで実行 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

トレーニングおよび推論コンテナをインターネット無料モードで実行

SageMaker トレーニングとデプロイされた推論コンテナは、デフォルトでインターネットが有効になっています。これにより、コンテナは、トレーニングと推論ワークロードの一部として、外部サービスとパブリックインターネットのリソースにアクセスできるようになります。ただし、これがデータへの不正アクセスの手段を生みます。たとえば、悪意のあるユーザーや、(一般公開されているソースコードライブラリの形式で) コンテナに誤ってインストールしたコードがデータにアクセスし、そのデータをリモートホストに転送する可能性があります。

値を指定して Amazon VPC を使用する場合、VpcConfigを呼び出すときに CreateTrainingJob, CreateHyperParameterTuningJob, または CreateModelでは、セキュリティグループを管理し、VPC からのインターネットアクセスを制限することで、データとリソースを保護できます。ただし、これには追加のネットワーク設定のコストがかかります。また、ネットワークが適切に設定されないというリスクが付随します。SageMaker でトレーニングコンテナや推論コンテナへの外部ネットワークアクセスを行わない場合、ネットワーク分離を有効にできます。

ネットワークの隔離

トレーニングジョブまたはモデルを作成するときに、ネットワーク分離を有効にするには、EnableNetworkIsolationパラメータをTrueを呼び出すと CreateTrainingJob, CreateHyperParameterTuningJob, または CreateModel

注記

ネットワーク分離はトレーニングジョブに必要であり、モデルはのリソースを使用して実行します。 AWS Marketplace 。

ネットワーク分離を有効にすると、コンテナは他のAWSサービス(Amazon S3 など) さらに、AWS 認証情報がコンテナのランタイム環境で使用できなくなります。複数のインスタンスを備えるトレーニングジョブの場合、ネットワークインバウンドおよびアウトバウンドのトラフィックが各トレーニングコンテナのピアに制限されます。SageMaker は、トレーニングまたは推論コンテナから分離して SageMaker 実行ロールを使用して、Amazon S3 に対してダウンロードおよびアップロード操作を実行します。

次のマネージド SageMaker コンテナは、Amazon S3 へのアクセス権が必要なため、ネットワーク隔離をサポートしていません。

  • Chainer

  • PyTorch

  • Scikit-learn

  • SageMaker 強化学習について

VPC によるネットワークの分離

ネットワーク分離は、VPC と組み合わせて使用することができます。このシナリオでは、顧客のデータとモデルのアーティファクトのダウンロードとアップロードが、VPC サブネット経由でルーティングされます。ただし、トレーニングと推論コンテナ自体はネットワークから継続的に切り離され、VPC 内またはインターネットのどのリソースにもアクセスすることはできません。