Amazon SageMaker モデルモニターの事前構築済みコンテナ - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SageMaker モデルモニターの事前構築済みコンテナ

SageMaker には、制約の提案、統計の生成、ベースラインに対する制約の検証、Amazon メトリクスの出力など、sagemaker-model-monitor-analyzerさまざまなモデル監視機能を提供するという組み込みイメージが用意されています。 CloudWatchこのイメージは Spark バージョン 3.3.0 に基づいており、Deequ バージョン 2.0.2 で構築されています。

注記

組込みの sagemaker-model-monitor-analyzer イメージを直接取得することはできません。sagemaker-model-monitor-analyzerこのイメージは、SDK の 1 つを使用してベースライン処理またはモニタリングジョブを送信するときに使用できます。 AWS

SageMaker Python SDK (SageMaker Python SDK リファレンスガイドのを参照 image_uris.retrieve) を使用して ECR イメージ URI を生成するか、ECR イメージ URI を直接指定します。 SageMaker モデルモニター用のビルド済みイメージには、次のようにアクセスできます。

<ACCOUNT_ID>.dkr.ecr.<REGION_NAME>.amazonaws.com/sagemaker-model-monitor-analyzer

例:159807026194.dkr.ecr.us-west-2.amazonaws.com/sagemaker-model-monitor-analyzer

AWS 中国の地域にいる場合は、 SageMaker Model Monitor のビルド済みイメージに次のようにアクセスできます。

<ACCOUNT_ID>.dkr.ecr.<REGION_NAME>.amazonaws.com.cn/sagemaker-model-monitor-analyzer

アカウント ID AWS と地域名については、「Docker レジストリパスとサンプルコード」を参照してください。

独自の分析コンテナを記述するには、「モニタリングのカスタマイズ」で説明されているコンテナコントラクトを参照してください。