マルチモデルエンドポイントのセキュリティ - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

マルチモデルエンドポイントのセキュリティ

マルチモデルエンドポイントのモデルとデータは、インスタンスストレージボリュームとコンテナメモリに共存します。Amazon SageMaker エンドポイントのすべてのインスタンスは、所有する単一のテナントコンテナで実行されます。モデルはマルチモデルエンドポイントでのみ実行できます。モデルへのリクエストのマッピングを管理し、正しいターゲットモデルへのアクセスをユーザーに許可する責任はお客様にあります。 は SageMaker IAM アイデンティティベースのポリシーを使用して、許可または拒否されたアクションとリソース、およびアクションが許可または拒否される条件を指定します。

デフォルトでは、マルチモデルエンドポイントにあり、InvokeEndpoint 許可を持つ IAM プリンシパルは、CreateModel オペレーションで定義された S3 プレフィックスのアドレスにある任意のモデルを呼び出すことができます (オペレーションで定義された IAM 実行ロールが、モデルをダウンロードする許可を持っていることを前提とします)。S3 の限定されたモデルセットへの InvokeEndpoint アクセスを制限する必要がある場合は、次のいずれかを実行できます。

  • sagemaker:TargetModel IAM 条件キーを使って、エンドポイントでホストされている特定のモデルへの InvokeEndpont 呼び出しを制限します。たとえば、次のポリシーでは、TargetModel フィールドの値が指定された正規表現のいずれかに一致する場合にのみ InvokeEndpont リクエストを許可します。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Action": [ "sagemaker:InvokeEndpoint" ], "Effect": "Allow", "Resource": "arn:aws:sagemaker:region:account-id:endpoint/endpoint_name", "Condition": { // TargetModel provided must be from this set of values "StringLike": { "sagemaker:TargetModel": ["company_a/*", "common/*"] } } } ] }

    SageMaker 条件キーの詳細については、「 AWS Identity and Access Management ユーザーガイド」の「Amazon の条件キー SageMaker」を参照してください。

  • より制限の厳しい S3 プレフィックスを持つマルチモデルエンドポイントを作成します。

がロール SageMaker を使用してエンドポイントへのアクセスを管理し、ユーザーに代わってオペレーションを実行する方法の詳細については、「」を参照してくださいSageMaker ロール。また、独自のコンプライアンス要件によって定められた特定のデータ分離要件を顧客が設定しており、それを IAM アイデンティティを使って満たすことができる場合があります。