Amazon SageMaker
開発者ガイド

Amazon SageMaker で Apache MXNet を使用

カスタム MXNet コードを使ってモデルをトレーニングしデプロイするために Amazon SageMaker を使うことができます。Amazon SageMaker Python SDK の MXNet 推定器やモデル、および Amazon SageMaker オープンソースの MXNet コンテナでは、Amazon SageMaker での MXNet スクリプトの記述や実行がより簡単になります。Amazon SageMaker で MXNet トレーニングスクリプトを記述したり、MXNet 推定器やモデルを使用する方法については、「https://sagemaker.readthedocs.io/en/stable/using_mxnet.html」を参照してください。

Amazon SageMaker Python SDK MXNet クラスの API リファレンスについては、「https://sagemaker.readthedocs.io/en/stable/sagemaker.mxnet.html」を参照してください。

Amazon SageMaker MXNet コンテナでサポートされている MXNet バージョンについては、「https://github.com/aws/sagemaker-python-sdk/blob/master/src/sagemaker/mxnet/README.rst」を参照してください。

Amazon SageMaker MXNet コンテナの構築および提供方法については、「https://github.com/aws/sagemaker-mxnet-container」にある GitHub リポジトリを参照してください。