Amazon SageMaker
開発者ガイド

Amazon SageMaker で Apache MXNet を使用する

Amazon SageMaker を使用すると、独自のカスタム Apache MXNet トレーニングコードを使用してモデルをトレーニングできます。Amazon SageMaker ホスティングサービスを使用する場合は、独自のカスタム Apache MXNet 推論コードを指定することもできます。このセクションでは、モデルトレーニングと推論の両方にカスタム Apache MXNet コードを記述するためのガイドライン、およびサンプル Apache MXNet コードとモデルトレーニングおよびデプロイ用の手順を含む例を提供します。

サポートされる Apache MXNet のバージョンについては、「サポートされるバージョン」を参照してください。コンテナのソースコードは、GitHub リポジトリの https://github.com/aws/sagemaker-mxnet-containers を参照してください。