RCF のレスポンス形式 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

RCF のレスポンス形式

Amazon SageMaker の組み込みアルゴリズムはすべて、で説明されている一般的な入力推論形式に従います。共通データ形式-推論の例。SageMaker ランダムカットフォレストは、高密度と疎の JSON および RecordIO 形式の両方をサポートしています。このトピックには、SageMaker RCF アルゴリズムで使用可能な出力形式のリストが含まれています。

JSON レスポンスの形式

ACCEPT: application/json.

{ "scores": [ {"score": 0.02}, {"score": 0.25} ] }

JSONLINES レスポンスの形式

ACCEPT: application/jsonlines.

{"score": 0.02}, {"score": 0.25}

RECORDIO レスポンスの形式

ACCEPT: application/x-recordio-protobuf.

[ Record = { features = {}, label = { 'score': { keys: [], values: [0.25] # float32 } } }, Record = { features = {}, label = { 'score': { keys: [], values: [0.23] # float32 } } } ]