RCF ハイパーパラメータ - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

RCF ハイパーパラメータ

CreateTrainingJob リクエストで、トレーニングアルゴリズムを指定します。また、アルゴリズム固有のハイパーパラメータを文字列から文字列へのマップとして指定することもできます。次の表に、Amazon のハイパーパラメータを示します。 SageMaker RCF アルゴリズム。ハイパーパラメータの選択に関する推奨事項を含む詳細については、「RCF の仕組み」を参照してください。

Parameter Name 説明
feature_dim

データセット内の特徴の数。(ランダムカットフォレスト推定器を使用する場合、この値は自動的に計算されるため、指定する必要はありません)。

[Required] (必須)

有効な値: 正の整数 (最小:1、最大:10000)

eval_metrics

ラベル付きテストデータセットに使用されるメトリクスのリスト。出力用に次のメトリクスを選択できます。

  • accuracy - 正しい予測の割合を返します。

  • precision_recall_fscore - 正と負の精度、リコール、F1 スコアを返します。

オプション

有効な値: accuracy または precision_recall_fscore から取得された有効な値が含まれるリスト。

デフォルト値: 両方accuracy,precision_recall_fscoreが計算されます。

num_samples_per_tree

トレーニングデータセットから各ツリーに指定されたランダムなサンプルの数。

オプション

有効な値: 正の整数 (最小:1、最大:2048)

デフォルト値: 256

num_trees

フォレスト内のツリーの数。

オプション

有効な値: 正の整数 (最小:50、最大:1000)

デフォルト値: 100