ステップ 1: ワークフォースのセットアップ - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 1: ワークフォースのセットアップ

このステップではコンソールを使用して、使用するワーカータイプを設定し、そのワーカータイプに必要なサブ選択項目を設定します。使用開始方法 のセクションでこの時点までステップを既に完了していること、および [Custom labeling task] (カスタムラベル付けタスク) を [Task type ] (タスクのタイプ) として選択したことを前提としています。

ワークフォースを設定するには

  1. 最初に、[Worker types] (ワーカータイプ) からオプションを選択します。現在、次の 3 種類を使用できます。

    • [Public] (一般) では、Amazon Mechanical Turk による独立系請負業者のオンデマンドワークフォースを使用します。支払いはタスクごとに行います。

    • [Private] (プライベート) では、組織内にとどめる必要のあるデータを処理するために従業員または請負業者を使用します。

    • [Vendor] (ベンダー) では、データラベリングサービスの提供を専門とするサードパーティーベンダーを使用します。これは AWS Marketplace から使用できます。

  2. [Public] (一般) オプションを選択した場合は、[number of workers per dataset object] (データセットオブジェクトあたりのワーカー数) を設定するよう求められます。同じオブジェクトに対して同じタスクを複数のワーカーで実行すると、結果の精度が向上する可能性があります。デフォルトは 3 です。必要とする精度に応じて数を上げたり下げたりすることができます。

    また、ドロップダウンメニューを使用して [price per task] (タスクごとの価格) を設定するように求められます。メニューは、タスクを完了するのにかかる時間に基づいて価格ポイントを推奨します。

    これを決定するには、[Private] (プライベート) ワークフォースを使用して最初にタスクの簡単なテストを実行することをお勧めします。このテストによって、実際にタスクの完了にかかる時間を見積もることができます。その後、見積もりが [Price per task] (タスクあたりの料金)メニューに収まる価格帯を選択できます。平均時間が 5 分を超える場合は、タスクを小さい単位に分割することを検討します。

ステップ 2: カスタムワーカータスクテンプレートの作成