ステップ 5: ラベリングJob 監視 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステップ 5: ラベリングJob 監視

ラベル付けジョブを作成したら、作成したすべてのジョブのリストが表示されます。このリストを使用して、ラベル付けジョブのステータスを監視できます。リストには以下のフィールドがあります。

  • Name (名前) - ジョブを作成したときにジョブに指定する名前。

  • Status (ステータス) – ジョブの完了ステータス。ジョブを作成した日付と時刻。ステータスは、[完了]、[失敗]、[進行中]、または [停止] のいずれかです。

  • Labeled objects/total (ラベル付きオブジェクト/合計) - ラベル付けジョブのオブジェクトの合計数とラベル付けが完了したオブジェクトの数が表示されます。

  • Creation time (作成日時) –ジョブを作成した日付と時刻。

ジョブはクローン作成、連鎖、または停止することもできます。ジョブを選択してから、[アクション] メニューから次のいずれかを選択します。

  • Clone (クローン) – 選択したジョブからコピーした設定を適用した新しいラベル付けジョブを作成します。ジョブのクローンは、ジョブを変更して再度実行する場合に作成できます。例えば、Amazon Mechanical Turk ワークフォースに送信できるよう、プライベートワークフォースに送信されたジョブのクローンを作成できます。ジョブのクローンを作成して、元のジョブとして同じ場所に保存されている新しいデータセットに対して再実行することもできます。

  • Chain (連鎖) - 新しいラベル付けジョブを作成します。これは、停止、失敗、または完了したジョブのデータとモデル (ある場合) を基に作成することができます。ユースケースとその使用方法の詳細については、「ラベル付けジョブの連鎖」を参照してください。

  • Stop (停止) - 実行中のジョブを停止します。停止したジョブを再開することはできません。ジョブのクローンを作成して最初からやり直すか、ジョブを連鎖して中断したところから続行することができます。既にラベル付けされたすべてのオブジェクトのラベルは、出力ファイルの場所に書き込まれます。詳細については、出力データを参照してください。