ストリーミングラベル付けジョブを作成する - アマゾン SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ストリーミングラベル付けジョブを作成する

ストリーミングラベル付けジョブを使用すると、継続的に実行されているストリーミングラベル付けジョブに、個々のデータオブジェクトをリアルタイムで送信できます。ストリーミングラベル付けジョブを作成するには、Amazon SNS の入力トピックを作成し、SnsDataSourceCreateLabelingJobパラメータInputConfigでこのトピックを指定する必要があります。ラベルデータをリアルタイムで受信する場合、必要に応じて、Amazon SNS 出力トピックも作成し、OutputConfig でそれを指定できます。

重要

Ground Truth ストリーミングラベル付けジョブを初めて使用する場合は、ストリーミングラベル付けジョブを作成する前に「Ground Truth ストリーミングラベル付けジョブ」を確認することをお勧めします。

次のセクションを使用して、ストリーミングラベル付けジョブの作成に必要かつ使用できるリソースを作成します。

  • Ground Truth ストリーミングラベル付けジョブに必要なアクセス許可を持つ SNS トピックを作成する方法については、「Amazon SNS の入出力トピックを作成する」の手順に従ってください。SNS トピックは、ラベル付けジョブと同じ、AWS リージョンで作成する必要があります。

  • ラベル付けタスクが完了するたびに、指定されたエンドポイントでラベル付けタスクの出力データを受信するようにエンドポイントを設定する方法については、「エンドポイントを Amazon SNS 出力トピックにサブスクライブする」を参照してください。

  • Amazon SNS 入力トピックに通知を送信するように Amazon S3 バケットを設定する方法については、「Amazon S3 バケットイベント通知を設定する」を参照してください。

  • 必要に応じて、ラベル付けジョブが開始されたらすぐに、ラベル付けするデータオブジェクトを入力マニフェストに追加します。詳細については、「マニフェストファイルを作成する (オプション)」を参照してください。

  • IAM ロール、Amazon S3 バケット、ワーカータスクテンプレート、ラベルカテゴリなど、ラベル付けジョブを作成するために必要なその他のリソースがあります。これらは、ラベル付けジョブの作成に関する Ground Truth のドキュメントで説明されています。詳細については、「ラベル付けジョブの作成」を参照してください。

    重要

    ラベル付けジョブを作成する際、IAM 実行ロールを指定する必要があります。AWS 管理ポリシー AmazonSageMakerGroundTruthExecution をこのロールにアタッチして、ラベル付けジョブの実行に必要なアクセス許可があることを確認します。

ストリーミングラベル付けジョブを作成するリクエストを送信すると、ラベル付けジョブの状態は Initializing になります。ラベル付けジョブがアクティブになると、状態は InProgress に変わります。ラベル付けジョブの状態が Initializing である間は、新しいデータオブジェクトをラベル付けジョブに送信したり、停止したりしないでください。状態が InProgress に変わったら、Amazon SNS と Amazon S3 設定を使用して、新しいデータオブジェクトの送信を開始できます。