動画フレームにラベル付けする - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

動画フレームにラベル付けする

Ground Truth 組み込みの動画フレームタスクタイプを使用して、ワーカーが境界ボックス、ポリライン、ポリゴン、または特徴点を使用して動画フレームに注釈を付けることができます。動画フレームは、動画から抽出された一連のイメージです。

動画フレームがない場合は、動画ファイル(MP4 ファイル)を提供し、Ground Truth 自動フレーム抽出ツールを使用して動画フレームを抽出できます。詳細については、「動画ファイルを提供する」を参照してください。

次の組み込みビデオタスクタイプを使用して、Amazon SageMaker コンソール、API、言語固有の SDKsを使用して動画フレームラベル付けジョブを作成できます。

  • 動画フレームオブジェクト検出 - ワーカーに一連の動画フレーム内のオブジェクトを特定および検索させたい場合に、このタスクタイプを使用します。カテゴリのリストを指定すると、ワーカーは一度に 1 つのカテゴリを選択し、すべてのフレームでカテゴリが適用されるオブジェクトに注釈を付けることができます。例えば、このタスクタイプを使用して、車、自転車、歩行者など、さまざまなタイプのオブジェクトを特定し、ローカライズするようにワーカーに指示できます。

  • 動画フレームオブジェクト追跡— ワーカーに、一連の動画フレームにわたるオブジェクトのインスタンスの動きを追跡させたい場合に、このタスクタイプを使用します。ワーカーが単一のフレームに注釈を追加すると、その注釈は一意のインスタンス ID に関連付けられます。ワーカーは、同一のオブジェクトまたは個人を特定するために、他のすべてのフレームに、同じ ID と関連付けられた注釈を追加します。例えば、ワーカーは、表示される各フレームの車両の周囲に、同じ ID と関連付けられた境界ボックスを描画することで、一連の動画フレームの車両の動きを追跡できます。

次のトピックでは、これらの組み込みタスクタイプの詳細と各タスクタイプを使用してラベル付けジョブを作成する方法について説明します。これらのタスクタイプで使用できる注釈ツール (境界ボックス、ポリライン、ポリゴン、特徴点) の詳細については、「タスクタイプ」を参照してください。

ラベル付けジョブを作成する前に、「動画フレームラベル付けジョブの概要」を確認しておくことをお勧めします。