JupyterLab ユーザーのデフォルトストレージサイズを変更します。 - Amazon SageMaker

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

JupyterLab ユーザーのデフォルトストレージサイズを変更します。

ユーザーのデフォルトストレージ設定を変更できます。組織の要件やユーザーのニーズに基づいて、デフォルトのストレージ設定を変更することもできます。

ストレージサイズを変更するために、このセクションには以下のコマンドが用意されています。

  1. Amazon SageMaker ドメイン (ドメイン) の Amazon EBS ストレージ設定を更新します。

  2. ユーザープロファイルを作成し、その中のストレージ設定を指定します。

次の AWS Command Line Interface (AWS CLI) コマンドを使用して、デフォルトのストレージサイズを変更します。

AWS CLI 以下のコマンドを使用してドメインを更新します。

aws --region AWS リージョン sagemaker update-domain \ --domain-id domain-id \ --default-user-settings '{ "SpaceStorageSettings": { "DefaultEbsStorageSettings":{ "DefaultEbsVolumeSizeInGb":5, "MaximumEbsVolumeSizeInGb":100 } } }'

AWS CLI 以下のコマンドを使用してユーザープロファイルを作成し、既定のストレージ設定を指定します。

aws --region AWS リージョン sagemaker create-user-profile \ --domain-id domain-id \ --user-profile-name user-profile-name \ --user-settings '{ "SpaceStorageSettings": { "DefaultEbsStorageSettings":{ "DefaultEbsVolumeSizeInGb":5, "MaximumEbsVolumeSizeInGb":100 } } }'

AWS CLI 以下のコマンドを使用して、ユーザープロファイルのデフォルトストレージ設定を更新します。

aws --region AWS リージョン sagemaker update-user-profile \ --domain-id domain-id \ --user-profile-name user-profile-name \ --user-settings '{ "SpaceStorageSettings": { "DefaultEbsStorageSettings":{ "DefaultEbsVolumeSizeInGb":25, "MaximumEbsVolumeSizeInGb":200 } } }'