スケジュールの削除 - EventBridge スケジューラ

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

スケジュールの削除

スケジュールを削除するには、自動削除を設定するか、個々のスケジュールを手動で削除します。以下のトピックでは、両方の方法でスケジュールを削除する方法と、場面によってどちらの方法を選択した方がよいかについて説明します。

スケジュール完了後の削除

EventBridge スケジューラでスケジュールリソースを個別に管理する必要がないようにするには、スケジュール完了後に自動削除を設定します。一度に数千のスケジュールを作成し、必要に応じてスケジュール数を柔軟にスケールアップする必要がある用途では、自動削除を設定することで、指定したリージョンのスケジュール数に対するアカウントクォータに達しないようにすることができます。

スケジュールの自動削除を設定すると、EventBridge スケジューラは最後のターゲット呼び出しの後にスケジュールを削除します。1 回限りのスケジュールの場合は、スケジュールがターゲットを一度呼び出した後に削除が実行されます。rate 式または cron 式を使用して設定した繰り返しのスケジュールの場合、スケジュールは最後の呼び出し後に削除されます。繰り返しのスケジュールの最後の呼び出しは、指定した EndDate に最も近い呼び出しです。スケジュールに自動削除を設定しても、EndDate の値を指定しなかった場合、EventBridge スケジューラはスケジュールを自動的に削除しません。

スケジュールを最初に作成するときに自動削除を設定したり、既存のスケジュールの設定を更新したりできます。次のステップでは、既存のスケジュールの自動削除を設定する方法について説明します。

AWS Management Console
  1. EventBridge スケジューラのコンソール (https://console.aws.amazon.com/scheduler/) を開きます。

  2. スケジュールされたリストから、編集するスケジュールを選択し、[編集] を選択します。

  3. 左のナビゲーションリストから、[設定] を選択します。

  4. [スケジュール完了後のアクション] セクションで、ドロップダウンリストから [削除] を選択し、変更を保存します。

AWS CLI
  1. 新しいプロンプトウィンドウを開きます。

  2. update-schedule AWS CLI コマンドを使用して、以下に示すように既存のスケジュールを更新します。このコマンドは --action-after-completionDELETE に設定します。この例では、ターゲット設定が JSON ファイルでローカルに定義されていることを前提としています。スケジュールを更新するには、ターゲットのほか、既存のスケジュールに設定したいその他のスケジュールパラメータを指定する必要があります。

    これは 1 時間に 1 回の頻度で呼び出しを行う繰り返しのスケジュールです。そのため、--action-after-completion パラメータを設定する際に終了日を指定します。

    $ aws scheduler update-schedule --name schedule-name \ --action-after-completion 'DELETE' \ --schedule-expression 'rate(1 hour)' \ --end-date '2024-01-01T00:00:00' --target file://target-configuration.json \ --flexible-time-window '{ "Mode": "OFF"}' \

手動削除

スケジュールが不要になった場合には、DeleteSchedule オペレーションを使用して削除することができます。

例 AWS CLI
$ aws scheduler delete-schedule --name your-schedule
例 Python SDK
import boto3 scheduler = boto3.client('scheduler') scheduler.delete_schedule(Name="your-schedule")