Amazon Simple Notification Service の例 - AWS SDK for JavaScript

AWS SDK for JavaScript バージョン 3 (v3) は、モジュラーアーキテクチャを含むいくつかの素晴らしい新機能を備えた v2 の書き換えです。詳細については、AWS SDK for JavaScript v3 デベロッパーガイドを参照してください。

Amazon Simple Notification Service の例

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) は、サブスクライブしているエンドポイントやクライアントへのメッセージ配信や送信を調整、管理するウェブサービスです。

Amazon SNS には、発行者とサブスクライバーという 2 種類のクライアントが存在し、それぞれ生産者と消費者とも呼ばれます。


            JavaScript 環境、SDK、および Amazon SNS の関係

発行者は、論理アクセスポイントおよび通信チャネルであるトピックにメッセージを作成して送信することで、受信者と非同期的に通信します。トピックにサブスクライブされているサブスクライバー (ウェブサーバー、E メールアドレス、Amazon SQS キュー、Lambda 関数) は、サポートされているプロトコル (Amazon SQS、HTTP/S、E メール、SMS、AWS Lambda) の 1 つを使用して、メッセージや通知を消費または受信します。

JavaScript API for Amazon SNS は Class: AWS.SNS を通じて公開されます。