JavaScript ES6/CommonJS 構文 - AWS SDK for JavaScript

改善にご協力くださいAWS SDK for JavaScriptを使用してフィードバックを提供することにより、バージョン 3 (V3) のドキュメントフィードバックリンクするか、Issue またはプルリクエストをGitHub

-AWS SDK for JavaScriptV3 API リファレンスガイドでは、のすべての API 操作について詳しく説明しています。AWS SDK for JavaScriptバージョン3 (V3)。

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

JavaScript ES6/CommonJS 構文

-AWS SDK for JavaScriptコード例は ECMAScript 6 (ES6) で書かれています。ES6 は、コードをよりモダンで読みやすくし、さらに多くのことを可能にする新しい構文と新機能を提供します。

ES6 では Node.js バージョン 13.x 以上を使用する必要があります。最新バージョンの Node.js をダウンロードしてインストールするには、「」を参照してください。Node.js ダウンロードします。ただし、必要に応じて、次のガイドラインを使用して CommonJS sytax に例を変換することができます。

  • を削除します。"type" : "module"からのpackage.jsonプロジェクト環境で。

  • すべてのES6を変換するimportCommonJSへのステートメントrequireステートメント。たとえば、次のように変換します。

    import { CreateBucketCommand } from "@aws-sdk/client-s3"; import { s3 } from "./libs/s3Client.js";

    commonJSに相当する:

    const { CreateBucketCommand } = require("@aws-sdk/client-s3"); const { s3 } = require("./libs/s3Client.js");
  • すべてのES6を変換するexportCommonJSへのステートメントmodule.exportsステートメント。たとえば、次のように変換します。

    export {s3}

    commonJSに相当する:

    module.exports = {s3}

次の例は、ES6 と CommonJS の両方で Amazon S3 バケットを作成するためのコード例を示しています。

ES6

libs/s3Client.js

// Create service client module using ES6 syntax. import { S3Client } from "@aws-sdk/client-s3"; // Set the AWS region const REGION = "eu-west-1"; //e.g. "us-east-1" // Create Amazon S3 service object. const s3 = new S3Client({ region: REGION }); // Export 's3' constant. export {s3};

s3_createbucket.js

// Get service clients module and commands using ES6 syntax. import { CreateBucketCommand } from "@aws-sdk/client-s3"; import { s3 } from "./libs/s3Client.js"; // Get service clients module and commands using CommonJS syntax. // const { CreateBucketCommand } = require("@aws-sdk/client-s3"); // const { s3 } = require("./libs/s3Client.js"); // Set the bucket parameters const bucketParams = { Bucket: "BUCKET_NAME" }; // Create the Amazon S3 bucket. const run = async () => { try { const data = await s3.send(new CreateBucketCommand(bucketParams)); console.log("Success", data.Location); return data; } catch (err) { console.log("Error", err); } }; run();
CommonJS

libs/s3Client.js

// Create service client module using CommonJS syntax. const { S3Client } = require("@aws-sdk/client-s3"); // Set the AWS Region. const REGION = "REGION"; //e.g. "us-east-1" // Create Amazon S3 service object. const s3 = new S3Client({ region: REGION }); // Export 's3' constant. module.exports ={s3};

s3_createbucket.js

// Get service clients module and commands using CommonJS syntax. const { CreateBucketCommand } = require("@aws-sdk/client-s3"); const { s3 } = require("./libs/s3Client.js"); // Set the bucket parameters const bucketParams = { Bucket: "BUCKET_NAME" }; // Create the Amazon S3 bucket. const run = async () => { try { const data = await s3.send(new CreateBucketCommand(bucketParams)); console.log("Success", data.Location); return data; } catch (err) { console.log("Error", err); } }; run();