Unity のサポートに関する特別な考慮事項 - AWS SDK for .NET

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Unity のサポートに関する特別な考慮事項

を使用する場合AWS SDK for .NETそして.NET Standard 2.0Unity アプリケーションでは、アプリケーションはAWS SDK for .NETNuGet を使用するのではなく、直接アセンブリ (DLL ファイル)。この要件を考慮すると、実行する必要がある重要なアクションは次のとおりです。

  • 使用している APIIL2CPPUnity プロジェクトをビルドするには、link.xmlコードをストリッピングしないようにするには、Asset フォルダーにファイルを追加します。-link.xmlファイルには、使用しているすべての AWSSDK アセンブリがリストされている必要があります。また、各アセンブリにはpreserve="all"属性。次のスニペットは、このファイルの例を示しています。

    <linker> <assembly fullname="AWSSDK.Core" preserve="all"/> <assembly fullname="AWSSDK.DynamoDBv2" preserve="all"/> <assembly fullname="AWSSDK.Lambda" preserve="all"/> </linker>
注記

この要件に関連する興味深い背景情報を読むには、次の記事を参照してください。http://aws.amazon.com/blogs/developer/referencing-the-aws-sdk-for-net-standard-2-0-from-unity-xamarin-or-uwp/

これらの特別な考慮事項に加えて、を参照してください。バージョン 3.5 の変更点Unity アプリケーションのバージョン 3.5 のに移行する方法については、AWS SDK for .NET。