で Amazon S3 バケットへのアクセス許可の管理AWSSDK for PHP バージョン 3 - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

で Amazon S3 バケットへのアクセス許可の管理AWSSDK for PHP バージョン 3

アクセスコントロールリスト (ACL) はリソースベースのアクセスポリシーオプションの 1 つであり、バケットとオブジェクトへのアクセスを管理するために使用できます。ACL を使用して、基本的な読み取り/書き込みアクセス許可を他のに付与できます。AWSアカウント。詳細については、「ACL によるアクセス管理」を参照してください。

以下の例では、次の方法を示しています。

  • GetBucketAcl を使用した、バケットに対するアクセスコントロールポリシーの取得。

  • ACL、PutBucketAcl を使用した、バケットのアクセス許可の設定。

用のすべてのサンプルコードはAWSSDK for PHP バージョン 3 で入手できますGitHub で

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWS「」の説明に従って、の認証情報を指定します。の認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3。次にをインポートします。AWSSDK for PHP (を参照)。の基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3

アクセスコントロールリストポリシーの取得と設定

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\S3\S3Client; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

// Create a S3Client $s3Client = new S3Client([ 'profile' => 'default', 'region' => 'us-west-2', 'version' => '2006-03-01' ]); // Gets the access control policy for a bucket $bucket = 'my-s3-bucket'; try { $resp = $s3Client->getBucketAcl([ 'Bucket' => $bucket ]); echo "Succeed in retrieving bucket ACL as follows: \n"; var_dump($resp); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails echo $e->getMessage(); echo "\n"; } // Sets the permissions on a bucket using access control lists (ACL). $params = [ 'ACL' => 'public-read', 'AccessControlPolicy' => [ // Information can be retrieved from `getBucketAcl` response 'Grants' => [ [ 'Grantee' => [ 'DisplayName' => '<string>', 'EmailAddress' => '<string>', 'ID' => '<string>', 'Type' => 'CanonicalUser', 'URI' => '<string>', ], 'Permission' => 'FULL_CONTROL', ], // ... ], 'Owner' => [ 'DisplayName' => '<string>', 'ID' => '<string>', ], ], 'Bucket' => $bucket, ]; try { $resp = $s3Client->putBucketAcl($params); echo "Succeed in setting bucket ACL.\n"; } catch (AwsException $e) { // Display error message echo $e->getMessage(); echo "\n"; }