Amazon SES API と Amazon SES API を使用して E メールフィルタを管理するAWSSDK for PHP バージョン 3 の SDK for - AWSSDK for PHP

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SES API と Amazon SES API を使用して E メールフィルタを管理するAWSSDK for PHP バージョン 3 の SDK for

E メールの送信に加えて、Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を使用して E メールを受信することもできます。IP アドレスフィルタを使用すると、オプションで、特定の IP アドレスまたは IP アドレス範囲から送信されるメールを受け入れるか拒否するかを指定できます。詳細については、「Amazon SES による E メール受信の IP アドレスフィルターの管理」を参照してください。

以下の例では、次の方法を示しています。

用のすべてのサンプルコードはAWSSDK for PHP バージョン 3 の SDK for PHP バージョン 3GitHub で。

Credentials

サンプルコードを実行する前に、AWS「」の説明に従っての認証情報例の認証情報AWSSDK for PHP バージョン 3 の SDK for。次にをインポートします。AWSSDK for PHP(の基本的な使用パターンAWSSDK for PHP バージョン 3 の SDK for

Amazon SES の使用方法については、「」を参照してください。Amazon SES デベロッパーガイド

E メールフィルターを作成する

特定の IP アドレスからの E メールを許可または拒否するには、CreateReceiptFilter オペレーションを使用します。このフィルターを識別するための IP アドレスまたはアドレスの範囲と、一意の名前入力します。

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Ses\SesClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

$SesClient = new Aws\Ses\SesClient([ 'profile' => 'default', 'version' => '2010-12-01', 'region' => 'us-east-2' ]); $filter_name = 'FilterName'; $ip_address_range = '10.0.0.1/24'; try { $result = $SesClient->createReceiptFilter([ 'Filter' => [ 'IpFilter' => [ 'Cidr' => $ip_address_range, 'Policy' => 'Block|Allow', ], 'Name' => $filter_name, ], ]); var_dump($result); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails echo $e->getMessage(); echo "\n"; }

すべての E メールフィルターをリストする

関連付けられている IP アドレスフィルタを一覧表示するにはAWSアカウントのAWSリージョンで、ListReceiptFiltersオペレーション.

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Ses\SesClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

$SesClient = new Aws\Ses\SesClient([ 'profile' => 'default', 'version' => '2010-12-01', 'region' => 'us-east-2' ]); try { $result = $SesClient->listReceiptFilters([ ]); var_dump($result); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails echo $e->getMessage(); echo "\n"; }

E メールフィルターを削除する

特定の IP アドレスの既存のフィルターを削除するには、DeleteReceiptFilter オペレーションを使用します。削除する受信フィルターを識別するための一意のフィルター名を入力します。

フィルタリングされるアドレス範囲を変更する必要がある場合、受信フィルターを削除して新たに作成することができます。

インポート

require 'vendor/autoload.php'; use Aws\Ses\SesClient; use Aws\Exception\AwsException;

サンプルコード

$SesClient = new Aws\Ses\SesClient([ 'profile' => 'default', 'version' => '2010-12-01', 'region' => 'us-east-2' ]); $filter_name = 'FilterName'; try { $result = $SesClient->deleteReceiptFilter([ 'FilterName' => $filter_name, ]); var_dump($result); } catch (AwsException $e) { // output error message if fails echo $e->getMessage(); echo "\n"; }