Security Hub 地域制限 - AWS Security Hub

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Security Hub 地域制限

一部の AWS Security Hub 機能は、特定の でのみ使用できます AWS リージョン。以下のセクションでは、これらのリージョン制限を示します。

Security Hub を利用できるリージョンのリストについては、「AWS 全般のリファレンス」の「AWS Security Hub エンドポイントとクォータ」を参照してください。

クロスリージョン集約の制限

では AWS GovCloud (US)、クロスリージョン集約は、 の検出結果、検出結果の更新、インサイトに対して AWS GovCloud (US) のみ使用できます。具体的には、 (米国東部) と AWS GovCloud ( AWS GovCloud 米国西部) の間の結果、結果の更新、インサイトのみを集約できます。

中国リージョンでは、クロスリージョン集約は、中国リージョンの結果、結果の更新、インサイトにのみ使用できます。具体的には、中国 (北京) と中国 (寧夏) の間の結果、結果の更新、インサイトのみを集約できます。

デフォルトで無効になっているリージョンは、集約リージョンとして使用できません。デフォルトで無効になっているリージョンのリストについては、「AWS 全般のリファレンス」の「リージョンを有効にする」を参照してください。

リージョン別の統合の可用性

一部のリージョンでは統合を利用できない場合があります。特定のリージョンで統合を使用できない場合は、そのリージョンを選択したとき、そのリージョンは Security Hub コンソールの [Integrations] (統合) ページに表示されません。

中国 (北京) および中国 (寧夏) でサポートされている統合

中国 (北京) および中国 (寧夏) リージョンは、以下の AWS サービスとの統合のみをサポートしています。

  • AWS Firewall Manager

  • Amazon GuardDuty

  • AWS Identity and Access Management Access Analyzer

  • Amazon Inspector

  • AWS IoT Device Defender

  • AWS Systems Manager Explorer

  • AWS Systems Manager OpsCenter

  • AWS Systems Manager パッチマネージャー

中国 (北京) および中国 (寧夏) リージョンは、以下のサードパーティーの統合のみをサポートしています。

  • Cloud Custodian

  • FireEye Helix

  • Helecloud

  • IBM QRadar

  • PagerDuty

  • Palo Alto Networks Cortex XSOAR

  • Palo Alto Networks VM-Series

  • Prowler

  • RSA Archer

  • Splunk Enterprise

  • Splunk Phantom

  • ThreatModeler

AWS GovCloud (米国東部) および AWS GovCloud (米国西部) でサポートされている統合

AWS GovCloud (米国東部) および AWS GovCloud (米国西部) リージョンは、 サービスとの AWS 以下の統合のみをサポートします。

  • AWS Config

  • Amazon Detective

  • AWS Firewall Manager

  • Amazon GuardDuty

  • AWS Health

  • IAM Access Analyzer

  • Amazon Inspector

  • AWS IoT Device Defender

AWS GovCloud (米国東部) および AWS GovCloud (米国西部) リージョンでは、以下のサードパーティー統合 のみがサポートされています

  • Atlassian Jira Service Management

  • Atlassian Jira Service Management Cloud

  • Atlassian OpsGenie

  • Caveonix Cloud

  • Cloud Custodian

  • Cloud Storage Security Antivirus for Amazon S3

  • CrowdStrike Falcon

  • FireEye Helix

  • Forcepoint CASB

  • Forcepoint DLP

  • Forcepoint NGFW

  • Fugue

  • Kion

  • MicroFocus ArcSight

  • NETSCOUT Cyber Investigator

  • PagerDuty

  • Palo Alto Networks – Prisma Cloud Compute

  • Palo Alto Networks – Prisma Cloud Enterprise

  • Palo Alto Networks – VM-Series ( AWS GovCloud (米国西部) でのみ使用可能)

  • Prowler

  • Rackspace Technology – Cloud Native Security

  • Rapid7 InsightConnect

  • RSA Archer

  • SecureCloudDb

  • ServiceNow ITSM

  • Slack

  • ThreatModeler

  • Vectra AI Cognito Detect

リージョン別の標準の有無

サービスマネージドスタンダード: AWS Control Tower は、 を含む AWS Control Tower がサポートするリージョンでのみ使用できます AWS GovCloud (US)。が AWS Control Tower サポートするリージョンのリストについては、 AWS Control Tower ユーザーガイド「 の AWS リージョン 仕組み AWS Control Tower」を参照してください。

AWS リソースタグ付け標準は、カナダ西部 (カルガリー)、中国、および では使用できません AWS GovCloud (US)。

その他のセキュリティ標準は、Security Hub が利用できる全リージョンで利用可能です。

リージョン別のコントロールの可用性

Security Hub コントロールは、一部のリージョンで利用できない場合があります。各リージョンで使用できないコントロールのリストについては、「コントロールの地域制限」を参照してください。サインインしているリージョンで使用できない場合、そのコントロールは Security Hub コンソールのコントロールリストに表示されません。ただし、集約リージョンにサインインしている場合は例外です。その場合は、集約リージョンまたは 1 つ以上のリンクされたリージョンで利用できるコントロールが表示されます。