FunctionUrlConfig - AWS Serverless Application Model

FunctionUrlConfig

指定した設定パラメーターを使用して関数 URL を作成します。関数 URL は、関数を呼び出すために使用する HTTPS エンドポイントです。

デフォルトでは、関数 URL は Lambda 関数のバージョン $LATEST を使用します。Lambda 関数に AutoPublishAlias を指定した場合、エンドポイントは指定された関数エイリアスに接続します。

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド」の「関数スケーリング」を参照してください。

構文

AWS Serverless Application Model (AWS SAM) テンプレートでこのエンティティを宣言するには、以下の構文を使用します。

YAML

AuthType: String Cors: Cors

[Properties] (プロパティ)

AuthType

関数 URL が使用する認証のタイプ。リクエストの認証に IAM を使用する場合は、AWS_IAM に設定します。オープンアクセスの場合は、NONE に設定します。

詳細については、「AWS Lambda デベロッパーガイド の「 関数スケーリング」を参照してください

: 文字列

必須: はい

AWS CloudFormation との互換性: このプロパティは、AWS::Lambda::Url リソースの AuthType プロパティに直接渡されます。

Cors

関数 URL のための、Cross-Origin Resource Sharing (CORS) 設定。

Type: Cors

必須: いいえ

AWS CloudFormation との互換性: このプロパティは、AWS::Lambda::Url リソースの Cors プロパティに直接渡されます。

関数 URL

次の例では、関数 URL を使用して Lambda 関数を作成します。関数 URL は IAM 認証を使用します。

YAML

HelloWorldFunction: Type: AWS::Serverless::Function Properties: CodeUri: hello_world/ Handler: index.handler Runtime: nodejs14.x FunctionUrlConfig: AuthType: AWS_IAM Outputs: MyFunctionUrlEndpoint: Description: "My Lambda Function URL Endpoint" Value: Fn::GetAtt: HelloWorldFunctionUrl.FunctionUrl