AWS::Serverless::SimpleTable - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS::Serverless::SimpleTable

単一属性のプライマリキーで DynamoDB テーブルを作成します。プライマリキーを介してデータにアクセスする必要がある場合に便利です。

DynamoDB のより高度な機能を使用するには、代わりに AWS::DynamoDB::Table リソースを使用します。

Syntax

このエンティティを宣言するにはAWS Serverless Application Model(AWS SAM) テンプレートでは、次の構文を使用します。

YAML

Type: AWS::Serverless::SimpleTable Properties: PrimaryKey: PrimaryKeyObject ProvisionedThroughput: ProvisionedThroughput SSESpecification: SSESpecification TableName: String Tags: Map

Properties

PrimaryKey

テーブルのプライマリキーとして使用する属性名と型。指定しない場合、プライマリキーは値が idString になります。

注意: このプロパティの値は、このリソースが作成された後に変更することはできません。

Type: PrimaryKeyObject

必須: いいえ

AWS CloudFormationの互換性: このプロパティは固有のです。AWS SAMまた、にはAWS CloudFormation同等のもの

ProvisionedThroughput

スループットプロビジョニング情報の読み取りと書き込み。

ProvisionedThroughput を指定しなかった場合、BillingModePAY_PER_REQUEST として指定されます。

Type: ProvisionedThroughput

必須: いいえ

AWS CloudFormationの互換性: このプロパティは、のプロパティに直接渡されます。ProvisionedThroughputのプロパティAWS::DynamoDB::Tableリソースの使用の使用の使用

SSESpecification

サーバー側の暗号化を有効にする設定を指定します。

Type: SSESpecification

必須: いいえ

AWS CloudFormationの互換性: このプロパティは、のプロパティに直接渡されます。SSESpecificationのプロパティAWS::DynamoDB::Tableリソースの使用の使用の使用

TableName

DynamoDB テーブルの名前。

Type: 文字列

必須: いいえ

AWS CloudFormationの互換性: このプロパティは、のプロパティに直接渡されます。TableNameのプロパティAWS::DynamoDB::Tableリソースの使用の使用の使用

Tags

この SimpleTable に追加するタグを指定するマップ (文字列から文字列)。キーと値に使用できるのは英数字のみです。キーの長さは 1~127 文字の Unicode 文字です。「aws:」をプレフィックスとして使用することはできません。値の長さは 1~255 文字の Unicode 文字です。

Type: マップ

必須: いいえ

AWS CloudFormationの互換性: このプロパティはTagsのプロパティAWS::DynamoDB::Tableリソースの使用の使用の使用 SAM の Tags プロパティは、キーと値のペアで構成されています。CloudFormation では、タグオブジェクトのリストで構成されています。

戻り値

Ref

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、基になる DynamoDB テーブルのリソース名が返されます。

の使用方法の詳細については、「」を参照してください。Ref関数「」を参照してください。Ref()ユーザーガイド

Examples

SimpleTableExample

SimpleTable の例

YAML

Properties: TableName: my-table Tags: Department: Engineering AppType: Serverless