AWS CloudFormation リソースを生成する - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CloudFormation リソースを生成する

メトリック AWS Serverless Application Model (AWS SAM)は AWS SAM テンプレートファイルを処理し、AWS CloudFormation リソースを生成します。AWS SAM によって生成される AWS CloudFormation リソースのセットは、指定したシナリオによって異なります。Aシナリオは、テンプレートファイルで指定されている AWS SAM リソースとプロパティの組み合わせです。生成された AWS CloudFormation リソースは、テンプレートファイルで明示的に宣言したリソースを参照する方法と同様に、テンプレートファイル内の他の場所で参照できます。

たとえば、AWS::Serverless::Functionリソースを作成する場合、AWS SAM は常にAWS::Lambda::Function基本リソース。また、オプションのAutoPublishAliasプロパティを使用すると、AWS SAM はさらにAWS::Lambda::AliasおよびAWS::Lambda::Versionリソースの使用料金を見積もることができます。

このセクションでは、シナリオとそれらによって生成される AWS CloudFormation リソースの一覧と、生成された AWS CloudFormation リソースを AWS SAM テンプレートファイルで参照する方法を示します。

生成された AWS CloudFormation リソースの参照

AWS SAM テンプレートファイル内で生成された AWS CloudFormation リソースを参照するには、LogicalIdまたは参照可能なプロパティによって。

生成された AWS CloudFormation リソースのロジカルID による参照

AWS SAM が生成する AWS CloudFormation リソースには、LogicalIdは、テンプレートファイル内で一意の英数字(A-Z、a-z、0-9)識別子です。AWS SAM は、LogicalIdsを作成し、テンプレートファイル内の AWS SAM リソースのLogicalIdsが生成する AWS CloudFormation リソースの 「」を使用できます。LogicalIdを使用して、明示的に宣言した AWS CloudFormation リソースの場合と同様に、テンプレートファイル内のそのリソースのプロパティにアクセスできます。の詳細LogicalIdsAWS CloudFormation および AWS SAM テンプレートの詳細については、リソース()AWS CloudFormation ユーザーガイド

注記

-LogicalIdsには、名前空間の衝突を避けるための一意のハッシュ値が含まれています。-LogicalIdsは、スタックの作成時に派生します。スタックが作成された後にのみ、AWS マネジメントコンソール、AWS CLI、またはいずれかの AWS SDK を使用して取得できます。これらのリソースを参照することは推奨されません。LogicalIdハッシュ値が変更される可能性があるためです。

参照可能なプロパティによる生成された AWS CloudFormation リソースの参照

生成されたリソースによっては、AWS SAM は AWS SAM リソースの参照可能なプロパティを提供します。このプロパティを使用すると、生成された AWS CloudFormation リソースと、AWS SAM テンプレートファイル内のプロパティを参照できます。

注記

生成されたすべての AWS CloudFormation リソースに参照可能なプロパティがあるわけではありません。これらのリソースについては、LogicalId

生成された AWS CloudFormation リソースのリファレンス

次の表は、AWS CloudFormation リソースを生成するシナリオを構成する AWS SAM リソースとプロパティをまとめたものです。

のトピックは、AWS SAM リソース列には、AWS SAM リソースを指定したときに生成される基本リソースの詳細が表示されます。のトピックは、シナリオ列には、そのシナリオで生成された追加リソースの詳細が表示されます。