AWS። Serverless። Function を指定したときに生成される AWS CloudFormation リソース - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS። Serverless። Function を指定したときに生成される AWS CloudFormation リソース

表示時AWS::Serverless::Functionが指定されている場合、AWS Serverless Application Model (AWS SAM) はAWS::Lambda::FunctionAWS CloudFormation リソース。

AWS::Lambda::Function

LogicalId: <function‑LogicalId>

参照可能なプロパティ: 該当なし (LogicalIdを使用してこの AWS CloudFormation リソースを参照する)

この AWS CloudFormation リソースに加えて、AWS::Serverless::Functionが指定されている場合、AWS SAM は次のシナリオで AWS CloudFormation リソースも生成します。

AutoPublishAlias プロパティが指定

表示時AutoPublishAliasのプロパティAWS::Serverless::Functionが指定されている場合、AWS SAM は以下の AWS CloudFormation リソースを生成します。AWS::Lambda::AliasおよびAWS::Lambda::Version

AWS::Lambda::Alias

LogicalId: <function‑LogicalId>Alias<alias‑name>

<alias‑name>は文字列です。AutoPublishAliasは、に設定されます。たとえば、AutoPublishAliasliveとすると、LogicalIdです: MyFunctionエイリアスlive.

参照可能なプロパティ:<function‑LogicalId>.Alias

AWS::Lambda::Version

LogicalId: <function‑LogicalId>Version<sha>

<sha>は、スタックが作成されたときに生成される一意のハッシュ値です。たとえば、MyFunctionバージョン926eeb5ff1.

参照可能なプロパティ:<function‑LogicalId>.Version

Role プロパティはnot指定

表示時RoleのプロパティAWS::Serverless::Functionないが指定されている場合、AWS SAM はAWS::IAM::RoleAWS CloudFormation リソース。

AWS::IAM::Role

LogicalId: <function‑LogicalId>Role

参照可能なプロパティ: 該当なし (LogicalIdを使用してこの AWS CloudFormation リソースを参照する)

OnSuccess(または OnFailure)プロパティが Amazon SNS イベントに対して指定されている

表示時OnSuccess(またはOnFailureのプロパティDestinationConfigのプロパティEventInvokeConfigのプロパティAWS::Serverless::Functionが指定され、宛先タイプはSNSですが、宛先 ARN はないが指定されている場合、AWS SAM は以下の AWS CloudFormation リソースを生成します。AWS::Lambda::EventInvokeConfigおよびAWS::SNS::Topic

AWS::Lambda::EventInvokeConfig

LogicalId: <function‑LogicalId>EventInvokeConfig

参照可能なプロパティ: 該当なし (LogicalIdを使用してこの AWS CloudFormation リソースを参照する)

AWS::SNS::Topic

LogicalId: <function‑LogicalId>OnSuccessTopic(または<function‑LogicalId>OnFailureTopic)

参照可能なプロパティ:<function‑LogicalId>.DestinationTopic

(両方に対して)OnSuccessおよびOnFailureが Amazon SNS イベントに指定されている場合、生成されたリソースを区別するには、LogicalId

OnSuccess (または OnFailure) プロパティが Amazon SQS イベントに対して指定されている

表示時OnSuccess(またはOnFailureのプロパティDestinationConfigのプロパティEventInvokeConfigのプロパティAWS::Serverless::Functionが指定され、宛先タイプはSQSですが、宛先 ARN はないが指定されている場合、AWS SAM は以下の AWS CloudFormation リソースを生成します。AWS::Lambda::EventInvokeConfigおよびAWS::SQS::Queue

AWS::Lambda::EventInvokeConfig

LogicalId: <function‑LogicalId>EventInvokeConfig

参照可能なプロパティ: 該当なし (LogicalIdを使用してこの AWS CloudFormation リソースを参照する)

AWS::SQS::Queue

LogicalId: <function‑LogicalId>OnSuccessQueue(または<function‑LogicalId>OnFailureQueue)

参照可能なプロパティ:<function‑LogicalId>.DestinationQueue

(両方に対して)OnSuccessおよびOnFailureが Amazon SQS イベントに指定されている場合、生成されたリソースを区別するには、LogicalId