カスタマイズされたレスポンスの例 - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

カスタマイズされたレスポンスの例

AWS SAM テンプレート内でレスポンスヘッダーを定義することで、API Gateway のエラーレスポンスをカスタマイズできます。これを行うには、Gateway Response Object データ型を使用します。

API Gateway レスポンスの AWS SAM テンプレートセクションの例を次に示します。

Resources: MyApi: Type: AWS::Serverless::Api Properties: StageName: Prod GatewayResponses: DEFAULT_4xx: ResponseParameters: Headers: Access-Control-Expose-Headers: "'WWW-Authenticate'" Access-Control-Allow-Origin: "'*'" GetFunction: Type: AWS::Serverless::Function Properties: Handler: index.get Runtime: nodejs12.x InlineCode: module.exports = async () => throw new Error('Check out the response headers!') Events: GetResource: Type: Api Properties: Path: /error Method: get RestApiId: !Ref MyApi

API Gateway レスポンスの詳細については、」を参照してください。API Gateway でのゲートウェイレスポンス()API Gateway 開発者ガイド