イメージリポジトリ - AWS Serverless Application Model

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

イメージリポジトリ

AWS SAM コンテナイメージを構築することで、サーバーレスアプリケーションの継続的インテグレーションと継続的デリバリー (CI/CD) タスクを簡素化します。 AWS SAM 提供されるイメージには、 AWS SAM AWS Lambda サポートされている多数のランタイムのコマンドラインインターフェイス (CLI) とビルドツールが含まれています。これは、 AWS SAM CLI を使用したサーバーレスアプリケーションの構築とパッケージ化を容易にします。これらのイメージを CI/CD システムで使用すると、アプリケーションのビルドとデプロイを自動化できます。 AWS SAM 例については、「CI/CD システムを使用したデプロイ」を参照してください。

AWS SAM ビルドコンテナイメージ URI には、 AWS SAMCLIそのイメージに含まれるもののバージョンがタグ付けされます。タグがない URI を指定すると、最新バージョンが使用されます。例えば、public.ecr.aws/sam/build-nodejs14.x は最新のイメージを使用しますが、public.ecr.aws/sam/build-nodejs14.x:1.24.1 は AWS SAM CLI バージョン 1.24.1 が含まれるイメージを使用します。

のバージョン 1.33.0 AWS SAMCLI 以降では、x86_64arm64とコンテナイメージの両方がサポート対象のランタイムで使用できます。詳細については、AWS Lambda デベロッパーガイドの「Lambda ランタイム」を参照してください。

注記

のバージョン 1.22.0 より前は AWS SAMCLI、 DockerHub がコンテナイメージを取得したデフォルトリポジトリでした AWS SAMCLI。バージョン 1.22.0 からは、デフォルトリポジトリが Amazon Elastic Container Registry Public (Amazon ECR Public) に変更されました。現在のデフォルト以外のリポジトリからコンテナイメージをプルするには、--build-image オプションが指定された sam build コマンドを使用できます。このトピックの最後にある例は、 DockerHub リポジトリイメージを使用してアプリケーションを構築する方法を示しています。

イメージリポジトリ URI

次の表は、でサーバーレスアプリケーションをビルドおよびパッケージ化するために使用できる Amazon ECR Public ビルドコンテナイメージの URI を示しています。 AWS SAM

注記

Amazon ECR Public は、 AWS SAM CLI バージョン1.22.0 以降で DockerHub を置き換えました。の以前のバージョンを使用している場合は AWS SAMCLI、アップグレードすることをお勧めします。

次の 2 つのコマンド例は、リポジトリのコンテナイメージを使用してアプリケーションをビルドします。 DockerHub

DockerHub からプルしたコンテナイメージを使用して Node.js 12 アプリケーションを構築します:

$ sam build --use-container --build-image amazon/aws-sam-cli-build-image-nodejs12.x

DockerHub からプルした Python 3.8 コンテナイメージを使用して関数リソースを構築します:

$ sam build --use-container --build-image Function1=amazon/aws-sam-cli-build-image-python3.8