Working with Logs - AWS Serverless Application Model

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Working with Logs

トラブルシューティングを簡素化するために、 AWS SAM CLIには、 sam logs。 このコマンドを使用すると、 Lambda コマンドラインからの関数。

注記

sam logs コマンドは、AWS SAM を使用してデプロイするものだけでなく、AWS Lambda 関数すべてに機能します。

Fetching Logs by AWS CloudFormation Stack

関数が AWS CloudFormation スタックの一部である場合、関数の論理 ID を使用してログを取得できます。

sam logs -n HelloWorldFunction --stack-name mystack

Fetching Logs by Lambda Function Name

または、関数の名前を使用してログを取得することもできます。

sam logs -n mystack-HelloWorldFunction-1FJ8PD

Tailing Logs

新しいログを待機する --tail オプションを追加して、新しいログが生成されたときに表示されるようにします。これは、デプロイ中、または本番稼働時の問題のトラブルシューティングを行う場合に役立ちます。

sam logs -n HelloWorldFunction --stack-name mystack --tail

Viewing Logs for a Specific Time Range

-s および -e オプションを使用して、特定の時間範囲のログを表示できます。

sam logs -n HelloWorldFunction --stack-name mystack -s '10min ago' -e '2min ago'

Filtering Logs

--filter オプションを使用して、一致する語句、フレーズ、または値をログイベントですばやく検索します。

sam logs -n HelloWorldFunction --stack-name mystack --filter "error"

出力で、AWS SAM CLI は「error」という単語のすべての出現箇所に下線を引くので、ログ出力内のフィルタキーワードを簡単に見つけることができます。

Error Highlighting

Lambda 関数がクラッシュするかタイムアウトすると、AWS SAM CLI はタイムアウトメッセージを赤色で強調表示します。これにより、ログ出力の巨大なストリーム内でタイムアウトしている特定の実行を簡単に見つけることができます。

JSON Pretty Printing

ログメッセージが JSON 文字列で出力される場合、AWS SAM CLI は JSON を視覚的に解析して理解できるように、自動的に JSON を整形表示します。