アプリケーションの発行 - AWS Serverless Application Repository

アプリケーションの発行

サーバレスアプリケーションを AWS Serverless Application Repository に発行すると、他のユーザーはそのアプリケーションを見つけてデプロイできます。

最初に AWS サーバーレスアプリケーションモデル (AWS SAM) テンプレートを使用してアプリケーションを定義します。 アプリケーションを定義するときは、アプリケーションのコンシューマーがアプリケーションの機能を承認する必要があるかどうかを考慮します。AWS SAM と承認機能を使用する方法の詳細については、「AWS Serverless Application Repository での AWS SAM の使用」を参照してください。

サーバーレスアプリケーションを発行するには、AWS マネジメントコンソール、AWS SAM コマンドラインインターフェイス (AWS SAM CLI)、または AWS SDK を使用できます。アプリケーションを AWS Serverless Application Repository に発行する手順の詳細については、「アプリケーションを発行する方法」を参照してください。

アプリケーションを発行すると、最初は非公開に設定されます。この場合、アプリケーションはその作成元の AWS アカウントでのみ使用できます。アプリケーションを他のユーザーと共有するには、アプリケーションを非公開共有 (一連の特定の AWS アカウントとのみ共有) に設定するか、公開共有 (すべてのユーザーと共有) に設定する必要があります。

アプリケーションを AWS Serverless Application Repository に発行して公開として設定すると、アプリケーションはすべてのリージョンのコンシューマーが使用できます。コンシューマーが、アプリケーションを最初に発行したリージョン以外のリージョンに公開アプリケーションをデプロイすると、AWS Serverless Application Repository はアプリケーションのデプロイアーティファクトをデプロイ先リージョンの Amazon S3 バケットにコピーします。これらのアーティファクトを使用する AWS SAM テンプレート内のリソースは、デプロイ先リージョンの Amazon S3 バケット内のファイルを参照するように更新されます。デプロイアーティファクトには、Lambda 関数コード、API 定義ファイルなどを含めることができます。

注記

非公開アプリケーションおよび非公開共有アプリケーションは、作成元の AWS リージョンでのみ使用できます。公開共有アプリケーションは、すべての AWS リージョンで使用できます。アプリケーションの共有の詳細については、「AWS Serverless Application Repositoryリソースベースのポリシーの例」を参照してください。