AWS Shield のアクション、リソース、および条件キー - サービス認証リファレンス

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

AWS Shield のアクション、リソース、および条件キー

AWS Shield (サービスプレフィックス: shield) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

AWS Shield で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用して、AWS でオペレーションを実行するアクセス許可を付与します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。

[リソースタイプ] 列は、各アクションがリソースレベルのアクセス許可をサポートしているかどうかを示します。この列に値がない場合は、ポリシーステートメントの Resource 要素ですべてのリソース (「*」) を指定する必要があります。列にリソースタイプが含まれる場合、そのアクションを含むステートメントでそのタイプの ARN を指定できます。必須リソースは、アスタリスク (*) でテーブルに示されています。このアクションを使用してステートメントでリソースレベルのアクセス許可 ARN を指定する場合、このタイプである必要があります。一部のアクションでは、複数のリソースタイプがサポートされています。リソースタイプがオプション (必須として示されていない) の場合、一方を使用することはできますが、他方を使用することはできません。

以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
AssociateDRTLogBucket DDoS レスポンスチームが、フローログを含む指定された Amazon S3 バケットにアクセスすることを承認するアクセス許可を付与します。 書き込み

s3:GetBucketPolicy

s3:PutBucketPolicy

AssociateDRTRole 指定されたロールを使用している DDoS レスポンスチームに AWS アカウントにアクセスして潜在的な攻撃中に DDoS 攻撃の軽減を支援することを承認するアクセス許可を付与します。 書き込み

iam:GetRole

iam:ListAttachedRolePolicies

iam:PassRole

AssociateHealthCheck リソースの Shield アドバンスト保護にヘルスベースの検出を追加するアクセス許可を付与します。 書き込み

protection*

route53:GetHealthCheck

aws:ResourceTag/${TagKey}

AssociateProactiveEngagementDetails プロアクティブな関与を初期化し、DDoS レスポンスチーム (DRT) が使用する連絡先の一覧を設定するアクセス許可を付与します。 書き込み
CreateProtection 指定されたリソース ARN の DDoS 保護サービスをアクティブ化するアクセス許可を付与します。 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateProtectionGroup 保護されたリソースのグループを作成するアクセス許可を付与して、それらを集合として処理できるようにします。 書き込み

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

CreateSubscription サブスクリプションをアクティブ化するためのアクセス許可を付与します。 書き込み
DeleteProtection 既存の保護を削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

protection*

aws:ResourceTag/${TagKey}

DeleteProtectionGroup 指定された保護グループを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

protection-group*

aws:ResourceTag/${TagKey}

DeleteSubscription サブスクリプションを無効にするアクセス許可を付与します。 書き込み
DescribeAttack 攻撃の詳細を取得するアクセス許可を付与します。 Read

attack*

DescribeAttackStatistics AWS Shield が昨年検出した攻撃の数と種類に関する情報を記述するアクセス許可を付与します。 Read
DescribeDRTAccess 攻撃の軽減を支援しているときに AWS アカウントにアクセスするために DDoS レスポンスチームが使用する Amazon S3 ログバケットの現在のロールとリストを説明するアクセス許可を付与します。 Read
DescribeEmergencyContactSettings 疑わしい攻撃中に ユーザーに連絡するために DRT が使用できる E メールアドレスをリストするアクセス許可を付与します。 Read
DescribeProtection 保護の詳細を取得するアクセス許可を付与します。 Read

protection*

aws:ResourceTag/${TagKey}

DescribeProtectionGroup 指定された保護グループの仕様を説明するアクセス許可を付与します。 Read

protection-group*

aws:ResourceTag/${TagKey}

DescribeSubscription 開始時刻など、サブスクリプションの詳細を取得するためのアクセス許可を付与します。 Read
DisableProactiveEngagement DDoS レスポンスチーム (DRT) から承認を削除するアクセス許可を付与し、エスカレーションについて連絡先に通知します。 書き込み
DisassociateDRTLogBucket ユーザーのフローログを含む指定された Amazon S3 バケットへの DDoS レスポンスチームのアクセスを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み

s3:DeleteBucketPolicy

s3:GetBucketPolicy

s3:PutBucketPolicy

DisassociateDRTRole DDoS レスポンスチームの AWS アカウントへのアクセスを削除するアクセス許可を付与します。 書き込み
DisassociateHealthCheck リソースの Shield アドバンスト保護からヘルスベースの検出を削除するアクセス許可を付与します 書き込み

protection*

aws:ResourceTag/${TagKey}

EnableProactiveEngagement DDoS レスポンスチーム (DRT) に E メールと電話を使用して、エスカレーションについて連絡先への通知を許可するアクセス許可を付与します。 書き込み
GetSubscriptionState サブスクリプションの状態を取得するためのアクセス許可を付与します。 Read
ListAttacks 既存のすべての攻撃を一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト
ListProtectionGroups アカウントの保護グループを取得するアクセス許可を付与します。 リスト
ListProtections 既存の保護をすべて一覧表示するアクセス許可を付与します。 リスト
ListResourcesInProtectionGroup 保護グループに含まれるリソースを取得するためのアクセス許可を付与します。 リスト

protection-group*

ListTagsForResource AWS Shield で指定された Amazon リソースネーム (ARN) の AWS タグに関する情報を取得するアクセス許可を付与します。 Read

protection

protection-group

TagResource AWS Shield でリソースのタグを追加または更新するアクセス許可を付与します。 タグ付け

protection

protection-group

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

UntagResource AWS Shield のリソースからタグを削除するアクセス許可を付与します。 タグ付け

protection

protection-group

aws:RequestTag/${TagKey}

aws:TagKeys

UpdateEmergencyContactSettings 疑わしい攻撃中に ユーザーに連絡するために DRT が使用できる E メールアドレスのリストの詳細を更新するアクセス許可を付与します。 書き込み
UpdateProtectionGroup 既存の保護グループを更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

protection-group*

aws:ResourceTag/${TagKey}

UpdateSubscription 既存のサブスクリプションの詳細を更新するアクセス許可を付与します。 書き込み

AWS Shield で定義されるリソースタイプ

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。アクションテーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
attack arn:${Partition}:shield::${Account}:attack/${Id}
protection arn:${Partition}:shield::${Account}:protection/${Id}

aws:ResourceTag/${TagKey}

protection-group arn:${Partition}:shield::${Account}:protection-group/${Id}

aws:ResourceTag/${TagKey}

AWS Shield の条件キー

AWS Shield では、IAM ポリシーの Condition 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、使用できるグローバル条件キーを参照してください。

条件キー 説明 タイプ
aws:RequestTag/${TagKey} リクエスト内のタグキーと値のペアのプレゼンスに基づいてアクションをフィルタリングします 文字列
aws:ResourceTag/${TagKey} リソースにアタッチされているタグキーと値のペアに基づいてアクションをフィルタリングします 文字列
aws:TagKeys リクエスト内のタグキーのプレゼンスに基づいてアクションをフィルタリングします 文字列