予算の管理 - AWS Service Catalog

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

予算の管理

AWS Budgets を使用して、AWS Service Catalog 内のサービスのコストと使用状況を追跡できます。予算を AWS Service Catalog 製品やポートフォリオに関連付けることができます。

AWS Budgets には、コストまたは使用量が予算額や予算量を超えたとき (あるいは、超えると予測されたとき) にアラートを発報できる機能が用意されています。AWS Budgets の詳細については、を参照してください。http://aws.amazon.com/aws-cost-management/aws-budgets

Prerequisites

AWS Budgets を使用する前に、AWS Billing and Cost Management コンソールでコスト配分タグをアクティブ化する必要があります。詳細については、「」を参照してください。ユーザー定義のコスト配分タグのアクティブ化()AWS Billing and Cost Management ユーザーガイド

注記

タグがアクティブ化されるまでに最大 24 時間かかります。

また、Budgets 機能を使用するすべてのユーザーまたはグループに対して、AWS Billing and Cost Management コンソールへのユーザーアクセスを有効にする必要があります。これを行うには、ユーザー用の新しいポリシーを作成します。

IAM ユーザーに予算を作成できるようにするには、請求情報の表示もユーザーに許可する必要があります。Amazon SNS 通知を使用する場合は、以下のポリシー例に示すように、ユーザーに Amazon SNS 通知を作成する権限を与えることができます。

予算ポリシーを作成するには

  1. IAM コンソール (https://console.aws.amazon.com/iam/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインで、[ポリシー] を選択します。

  3. コンテンツペインで、[ポリシーの作成] を選択します。

  4. [JSON] タブを選択し、以下の JSON ポリシードキュメントからテキストをコピーします。このテキストを [JSON] ボックスに貼り付けます。

    { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Sid": "Stmt1435216493000", "Effect": "Allow", "Action": [ "aws-portal:ViewBilling", "aws-portal:ModifyBilling", "budgets:ViewBudget", "budgets:ModifyBudget" ], "Resource": [ "*" ] }, { "Sid": "Stmt1435216552000", "Effect": "Allow", "Action": [ "sns:*" ], "Resource": [ "arn:aws:sns:us-east-1" ] } ] }
  5. 完了したら、[ポリシーの確認] を選択します。Policy Validator によって、構文エラーがある場合はレポートされます。

  6. [確認] ページで、ポリシーに名前を付けます。ポリシーの [Summary (概要)] で、ポリシーによって割り当てられたアクセス許可を確認し、[ポリシーの作成] を選択して作業を保存します。

    新しいポリシーが管理ポリシーの一覧に表示され、ユーザーやグループにアタッチできるようになります。詳細については、「」を参照してください。カスタマー管理ポリシーを作成およびアタッチする()AWS Identity and Access Management ユーザーガイド

予算の作成

AWS Service Catalog 管理者コンソールで、製品およびポートフォリオページには、既存の製品やポートフォリオに関する情報が表示され、それらに対してアクションを実行できます。予算を作成するには、まず予算を関連付ける製品またはポートフォリオを決定します。

予算を作成するには

  1. AWS Service Catalog コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/servicecatalog/

  2. [製品] または [ポートフォリオ] を選択します。

  3. 予算を追加する製品またはポートフォリオを選択します。

  4. [アクション] メニューを開き、[Create budget (予算を作成)] を選択します。

  5. [Budget creation (予算の作成)] ページで、1 つのタグタイプを予算に関連付けます。

    タグには、次の 2 つのタイプがあります。AutoTags と TagOptions。AutoTags は製品を起動したポートフォリオ、製品、ユーザーを特定するタグで、AWS Service Catalog によりプロビジョニングされたリソースに自動的に適用されます。TagOption は、AWS Service Catalog で管理される管理者定義のキーと値のペアです。

    ポートフォリオまたは製品で発生する支出が関連付けられた予算に反映されるには、両方に同じタグが必要です。初めて使用されたタグキーは、アクティブ化されるまでに 24 時間かかることがあります。詳細については、「Prerequisites」を参照してください。

  6. [Continue] を選択します。

  7. [Set up your budget (予算を設定)] ページが表示されます。「予算を作成」の手順に従って、予算の設定を続行します。

予算を作成したら、それを製品またはポートフォリオに関連付ける必要があります。

予算の関連付け

各ポートフォリオまたは製品に関連付けることができる予算は 1 つですが、各予算は複数の製品やポートフォリオに関連付けることができます。

予算を製品またはポートフォリオに関連付けると、その製品またはポートフォリオの詳細ページから予算に関する情報を表示できます。製品またはポートフォリオで発生する支出が予算に反映されるには、予算と製品またはポートフォリオの両方に同じタグを関連付ける必要があります。

注記

AWS Budgets から予算を削除しても、AWS Service Catalog 製品やポートフォリオとの既存の関連付けは残りますが、AWS Service Catalog で削除された予算に関する情報を表示することはできません。

予算を関連付けるには

  1. AWS Service Catalog コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/servicecatalog/

  2. [製品] または [ポートフォリオ] を選択します。

  3. 予算を関連付ける製品またはポートフォリオを選択します。

  4. [アクション] メニューを開き、[Associate budget (予算を関連付ける)] を選択します。

  5. [Budget association (予算の関連付け)] ページで、既存の予算を選択します。オフにしたら、[Continue] を選択します。

  6. [ポートフォリオ] または [製品] テーブルに、先ほど追加した予算のデータが含まれるようになります。

予算の表示

予算が製品に関連付けられている場合は、[製品] または [製品の詳細] ページで予算に関する情報を表示できます。予算が製品に関連付けられている場合は、[ポートフォリオ] または [ポートフォリオの詳細] ページで予算に関する情報を表示できます。

[ポートフォリオ] ページと [製品] ページの両方に、既存のリソースの予算情報が表示されます。[Current vs.budget (現状対予算)] および [Forecast vs.budget (予測対予算)] を表示する列を表示できます。

製品またはポートフォリオをクリックすると、詳細ページに移動します。これらの [ポートフォリオの詳細] ページと [製品の詳細] ページには、関連付けられた予算に関する詳細情報を含むセクションがあります。予算額、現在の使用額、および予測使用額を確認できます。また、予算の詳細を表示し、予算を編集するオプションもあります。

予算の関連付けの解除

ポートフォリオまたは製品から予算の関連付けを解除できます。

注記

AWS Budgets から予算を削除しても、AWS Service Catalog 製品やポートフォリオとの既存の関連付けは残りますが、AWS Service Catalog で削除された予算に関する情報を表示することはできません。

予算の関連付けを解除するには

  1. AWS Service Catalog コンソール () を開きます。https://console.aws.amazon.com/servicecatalog/

  2. [製品] または [ポートフォリオ] を選択します。

  3. 予算の関連付けを解除する製品またはポートフォリオを選択します。

  4. [アクション] メニューを開き、[Disassociate budget (予算の関連付けを解除)] を選択します。

  5. 予算の関連付けを解除することを確認するアラートが表示されます。[Confirm] を選択します。