AWS Service Catalog とは - AWS Service Catalog

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Service Catalog とは

AWS Service Catalogでは、に対して承認された IT サービスのカタログを作成および管理できます。AWS。この IT サービスには、仮想マシンイメージ、サーバー、ソフトウェア、データベースなど、包括的な多層アプリケーションアーキテクチャまで、あらゆるものが含まれます。

AWS Service Catalog により、組織は一般的にデプロイされる IT サービスを集中管理でき、一貫性のあるガバナンスを達成し、コンプライアンス要件を満たすうえで役立ちます。エンドユーザーは、組織によって設定された制約に従って、必要な承認済みの IT サービスのみをすばやくデプロイできます。

AWS Service Catalog には次の利点があります。

  • 標準化

    製品を起動できる場所、使用できるインスタンスのタイプ、およびその他の多くの設定オプションを制限することにより、承認済みのアセットを管理できます。その結果、組織全体で製品をプロビジョニングするために標準化された環境が実現します。

  • セルフサービスの検出と起動

    ユーザーは、アクセスできる製品 (サービスまたはアプリケーション) のリストを参照し、使用する製品を見つけ、プロビジョニング済み製品としてすべて自分で起動できます。

  • きめ細かなアクセスコントロール

    管理者は、カタログから製品のポートフォリオを生成し、プロビジョニングで使用する制約とリソースタグを追加して、を通じてポートフォリオにアクセス権限を付与します。AWS Identity and Access Management(IAM) ユーザーとグループ。

  • 拡張性とバージョン管理

    管理者は、任意の数のポートフォリオに製品を追加し、別のコピーを作成することなく、それを制限できます。製品を新しいバージョンに更新すると、それを参照するすべてのポートフォリオで、すべての製品に対して更新が伝播されます。

詳細情報については、AWS Service Catalog 詳細ページを参照してください。

AWS Service Catalog API では、AWS Management Consoleを使用する代わりに、すべてのエンドユーザーアクションに対する制御をプログラムで行うことができます。詳細については、AWS Service Catalog デベロッパーガイドを参照してください。