AWS Service Catalog TagOption ライブラリ - AWS Service Catalog

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Service Catalog TagOption ライブラリ

管理者がプロビジョニングされた製品のタグを簡単に管理できるように、AWS Service Catalog は TagOption ライブラリを提供しています。TagOption は AWS Service Catalog で管理されるキーと値のペアです。これは AWS のタグではありませんが、TagOption に基づいて AWS のタグを作成するためのテンプレートとして機能します。

TagOption ライブラリを使用すると、次のことをより簡単に実行できます。

  • 整合性のある分類

  • AWS Service Catalog リソースの適切なタグ付け

  • 許可されたタグのためのユーザーが選択可能な定義済みのオプション

管理者は、TagOptions をポートフォリオと製品に関連付けることができます。製品の起動 (プロビジョニング) 中に、AWS Service Catalog は関連するポートフォリオと製品 TagOptions を集約し、それらを次の図に示すようにプロビジョニングされた製品に適用します。


            TagOptions フロー図

TagOption ライブラリを使用すると、TagOptions を無効化してポートフォリオや製品への関連付けを保持し、必要なときにそれらを再アクティブ化することができます。このアプローチは、ライブラリの整合性を維持するのに役立つばかりでなく、断続的に使用される TagOption や特別な状況下でのみ使用可能な TagOption を管理することもできます。

TagOptions は、AWS Service Catalog コンソールまたは TagOption ライブラリ API を使用して管理します。詳細については、「AWS Service Catalog API リファレンス」を参照してください。