Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

Amazon SES での E メールの認証

Amazon Simple Email Service(Amazon SES)では、E メールの送信に Simple Mail Transfer Protocol(SMTP)が使用されます。SMTP 自体は認証を提供しません。実際の送信元を隠蔽したスパムの発信者から、他人を装って E メールメッセージが送信される可能性があります。スパムの発信者は、E メールヘッダーを改ざんし、送信元 IP アドレスを偽装することにより、そのメールメッセージが本物であると受取人に思い込ませることができます。

メールトラフィックを転送するほとんどの ISP は、E メールの正当性を評価するための対策を講じています。E メールが認証されているかどうかの確認は、ISP が講じているそうした対策の 1 つです。認証において送信者は、自分がその送信元アカウントの所有者であることを証明する必要があります。場合によっては、ISP は認証されない E メールの送信を拒否します。配信性能を最大限確保するために、E メールを認証することをお勧めします。

以降のセクションでは、ISP で使用される 2 つの認証メカニズム — Sender Policy Framework (SPF) とドメインキーアイデンティファイドメール (DKIM) —ついて説明するとともに、Amazon SES でそれらの標準を使用する方法について説明します。

Amazon SES に関するさまざまなトピックについての情報やディスカッションについては、AWS メッセージングおよびターゲティングブログ を参照してください。お問い合わせを参照あるいは発信するには「Amazon SES フォーラム」をご覧ください。