Amazon SES Classic とは - Amazon Simple Email Service Classic

Amazon SES Classic のユーザーガイドです。更新プログラムや新機能は、推奨している新しい Amazon SES デベロッパーガイドに記述されています。

Amazon SES Classic とは

Amazon SES Classic とは、オリジナルの Amazon SES コンソール、API、およびドキュメントを指します。これらは、廃止されるまで期間限定で利用できます。これは、SES Classic デベロッパーガイドと呼ばれる元の SES デベロッパーガイドです。この用語の変更は、新しい Amazon SES コンソールをサポートする新しい Amazon SES デベロッパーガイドと元のガイドをより明確に区別するためです。

新しい Amazon SES コンソールには、設定セットなどの、改善され性能が上がった機能が追加されています。これにより、Amazon SES Classic で行っていた操作すべてができる上に、オプションが増え、柔軟性が向上し、ワークフローが効率的になっています。これらの新機能の概要を確認するには、新しい Amazon SES を参照してください。Amazon SES コンソール新しい Amazon SES API (V2 と呼ばれる) を使用して、これらの機能改善を検討し、活用することをお勧めします。詳細については、新しい Amazon SES デベロッパーガイドを参照してください。

Amazon SES の機能

Amazon SES は、ユーザー自身の E メールアドレスとドメインを使用して E メールを送受信するための、簡単で費用効率の高い方法を提供する E メールプラットフォームです。

たとえば、特価販売などのマーケティング E メールや、注文確認などの取引 E メール、ニュースレターなどのその他のタイプの通信文の送信に使用できます。Amazon SES を使用してメールを受信するときは、E メール自動応答システム、E メール登録解除システム、受信 E メールからカスタマーサポートのチケットを生成するアプリケーションなどのソフトウェアソリューションを開発できます。

Amazon SES と新しい Amazon SES の両方で、使用した分のみ支払います。詳細については、「Amazon SES の料金」を参照してください。

Amazon SES を使用する理由

大規模な E メールソリューションを構築することは、ビジネスにとってしばしば複雑で高コストな課題となります。E メールサーバーの管理、ネットワーク構成、IP アドレスの評価といったインフラストラクチャの課題に対処する必要があります。さらに、多くのサードパーティの E メールソリューションでは、契約、料金交渉、およびかなりの初期コストが必要となります。Amazon SES では、これらの課題を解消できます。お客様は、Amazon.com で蓄積された長年の経験と、自社の大規模な顧客ベースにサービスを提供するために構築してきた高度な E メールインフラストラクチャを利用できます。

Amazon SES とその他の AWS サービス

Amazon SES では、他の AWS 製品がシームレスに統合されます。たとえば、以下のことが可能です。

このガイドの内容

このガイドには以下のセクションがあります。

セクション 説明

E メールを送信する

Amazon SES を使用して E メールを送信する方法について説明します。

E メールの受信

Amazon SES を使用して E メールを受信する方法について説明します。

アクセスの制御

Amazon SES と AWS Identity and Access Management (IAM) の使用方法を示し、どの Amazon SES リソースで、どの Amazon SES API アクションをユーザーが実行できるかを明確にします。

API コールのログ作成

AWS CloudTrail を使用してログを記録できる Amazon SES API のリストを示します。

認証情報のタイプ

Amazon SES で使用できる認証情報の種類と、それらの認証情報を使用できる場合を説明します。

API の使用

Amazon SES API を操作する方法について説明します。

リージョン

複数の AWS リージョンでの Amazon SES の使用についての情報が含まれています。

クォータ

Amazon SES に適用されるクォータのリストを提供します。

リソース

Amazon SES で作業するときに役に立つリソースを示します。

付録

ヘッダーフィールド、サポートされない添付の種類、スクリプトに関する補足情報を提供します。