Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

バウンスアクション

バウンスアクションは、送信者にバウンス応答を返すことによって E メールを拒否し、オプションで Amazon SNS を通じて通知します。このアクションには以下のオプションがあります。

  • SMTP Reply Code — RFC 5321 で定義される SMTP 応答コード。

  • SMTP Status Code — RFC 3463 で定義される SMTP 拡張ステータスコード。

  • Message — バウンス E メールに含める、人間が読み取れるテキスト。

  • Reply Sender — バウンス E メールの送信者の E メールアドレス。これは、バウンス E メールの送信元アドレスです。Amazon SES で検証されている必要があります。

  • SNS Topic — バウンス E メールが送信されたときにオプションで通知するための Amazon SNS トピックの名前または ARN。Amazon SNS トピックの ARN の例は、arn:aws:sns:us-west-2:123456789012:MyTopic となります。アクションを設定するときに [Create SNS Topic] を選択することで、Amazon SNS トピックを作成することもできます。Amazon SNS トピックの詳細については、Amazon Simple Notification Service 開発者ガイドを参照してください。

    注記

    選択する Amazon SNS トピックは、E メールを受け取る Amazon SES エンドポイントと同じ AWS リージョン内に存在する必要があります。

これらのフィールドに独自の値を入力するか、バウンスの理由に基づいて SMTP Reply Code、SMTP Status Code、Message の各フィールドに値を入力するテンプレートを選択することができます。次のテンプレートを使用できます。

  • Mailbox Does Not Exist — SMTP 応答コード = 550、SMTP ステータスコード = 5.1.1

  • Message Too Large — SMTP 応答コード = 552、SMTP ステータスコード = 5.3.4

  • Message Full — SMTP 応答コード = 552、SMTP ステータスコード = 5.2.2

  • Message Content Rejected — SMTP 応答コード = 500、SMTP ステータスコード = 5.6.1

  • Unknown Failure — SMTP 応答コード = 554、SMTP ステータスコード = 5.0.0

  • Temporary Failure — SMTP 応答コード = 450、SMTP ステータスコード = 4.0.0

フィールドにカスタムの値を入力して使用できる可能性があるその他のバウンスコードについては、RFC 3463 を参照してください。