メニュー
Amazon Simple Email Service
開発者ガイド (API Version 2010-12-01)

Amazon SES サンドボックスの外への移動

お客様を詐欺行為や不正行為から保護し、ISP およびメールの受信者に対する信頼性を確立できるようにするため、新しいユーザーには無制限の Amazon SES の使用をすぐに許可していません。新しいユーザーは、最初に Amazon SES のサンドボックスに配置されます。サンドボックスでは、すべての Amazon SES E メール送信方法と機能へフルアクセスができるので、サービスのテストおよび評価ができます。ただし、次の制限があります。

  • Amazon SES メールボックスシミュレーターと、検証済み E メールアドレスおよびドメインだけにメールを送信できます。

  • メールは、検証済み E メールアドレスまたはドメインからのみ送信できます。

  • 最大で 24 時間あたり 200 メッセージを送信できます。

  • Amazon SES では、お客様のアカウントから最大で 1 秒あたり 1 メッセージを受け取ることができます。

受取人アドレスの制限を解除し、送信制限を引き上げるには、次の手順を使用してサポートセンターでケースを開く必要があります。

アカウントを Amazon SES サンドボックスの外に移動するには

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインします。

  2. SES Sending Limits Increase case を開きます。ケースの作成に移動するには、サポートセンターにアクセスし、[Create Case]、[Service Limit Increase] の順に選択してから、制限タイプとして [SES Sending Limits] を選択することもできます。

  3. フォームで、以下の情報を入力します。

    • リージョン: 送信制限の引き上げをリクエストする AWS リージョンを選択します。Amazon SES サンドボックスのステータスと送信制限はリージョン単位で適用されます。詳細については、「リージョンと Amazon SES」を参照してください。

    • 制限: [Desired Daily Sending Quota] または [Desired Maximum Send Rate] を選択します。送信制限については、「Amazon SES の送信制限の管理」を参照してください。

      注記

      Amazon SES のメッセージ受信レートはこの最大送信レートよりも少ない場合があります。

    • 新しい制限値: リクエストするメール量を入力します。メール量は必要な分だけリクエストしてください。 リクエストしたメール量が必ずしも許可されるわけではありません。リクエストする送信制限を引き上げるほど、そのメール量の正当化に必要な理由が増えます。

    • E メールのタイプ: [Transactional]、[System Notifications]、[Subscription]、[Marketing]、または [Other] を選択します。

    • ウェブサイトの URL. ウェブサイトへのリンクを入力します。必ずしも入力する必要はありませんが、リンクがあれば入力することを強くお勧めします。リクエストの評価に役立つためです。

    • E メール送信は AWS のサービス条件AWS の適正利用規約 (AUP) に準拠します。[Yes] または [No] を選択します。

    • 私は明確にリクエストされた受信者にのみメールを送信します.[Yes] または [No] を選択します。高品質のメールを送信して受取人リストをクリーンな状態に維持する方法のヒントについては、「受取人リストの取得と管理」と「Amazon Simple Email Service の E メール送信のベストプラクティスホワイトペーパー」を参照してください。

    • バウンスや苦情を処理するプロセスがあります.[Yes] または [No] を選択します。バウンスと苦情の監視および処理方法の詳細については、「バウンスと苦情の処理」を参照してください。

    • 申請理由の説明. できる限り詳しく状況を説明します。たとえば、送信する E メールがどのようなタイプであるか、ビジネスにどのように適しているかを説明します。想定される受取人に送信するメールの質の高さを示す情報が多いほど、リクエストが承認される可能性は高くなります。リクエストする制限値が高くなるほど、より詳しい情報を提供する必要があります。

    AWS がお客様の申請を確認後、ケースに対応します。手続きには 1 営業日かかりますがご了承ください。送信制限の引き上げが認められた場合は、アカウントはサンドボックスの外に移動され、「To」アドレスを確認する必要はなくなります。

アカウントがサンドボックスの外に移動されたかどうかを判断するには、以下の 3 つの方法があります。

  • SES Sending Limits Increase ケースでのやり取りにより、リクエストが許可されたことがわかります。

  • Amazon SES を正常に使用して、検証済み E メールアドレスから自分が所有している未検証アドレスに E メールメッセージを送信できます。E メールアドレスが検証されていないことを知らせる MessageRejected エラーを受け取った場合は、サンドボックスにとどまっている。

  • Amazon SES コンソールは、送信クォータが 24 時間あたり 200 のメッセージより高いことを示します。詳細については、「Amazon SES 送信制限のモニタリング」を参照してください。

アカウントがサンドボックスの外に移動されたら、「To」アドレスまたはドメインを確認する必要はなくなります。ただし、追加の「From」アドレスまたはドメイン、「Return-Path」アドレスまたはドメインは、まだ確認する必要があります。時間の経過とともに、Amazon SES は送信制限を徐々に引き上げます。しかし、段階的な引き上げがニーズを満たさない場合は、また別の SES Sending Limits Increase ケースを開くことができます。詳細については、「Amazon SES の送信制限の管理」を参照してください。