Amazon SES 認証情報の種類 - Amazon Simple Email Service

このガイドは、Amazon SES のクラシックコンソール(V1)を反映しています。Amazon SES 用の新しいコンソール (V2) については、新しい Amazon Simple Email Service 開発者ガイド

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon SES 認証情報の種類

Amazon Simple Email Service (Amazon SES) を操作するには、セキュリティ認証情報を使用して、自分の身元と、自分に Amazon SES を操作するためのアクセス許可があることを示します。認証情報にはさまざまな種類があり、何をするかによって使用する認証情報は異なります。たとえば、Amazon SES API を使用して E メールを送信する場合は AWS アクセスキーを使用し、Amazon SES SMTP インターフェイスを使用して E メールを送信する場合は、SMTP 認証情報を使用します。

次の表に、目的に応じて Amazon SES で使用する可能性のある認証情報のタイプを示します。

アクセス対象 使用する認証情報 認証情報の構成内容 認証情報の取得方法

Amazon SES API

(Amazon SES API には、直接アクセスするか、AWS SDK、AWS コマンドラインインターフェイス、または Windows PowerShell 用の AWS ツールから間接的にアクセスできます。)

AWS アクセスキー

アクセスキー ID とシークレットアクセスキー

「」を参照してください。アクセスキー()AWS 全般のリファレンス

注記

セキュリティのベストプラクティスについては、AWS アカウントのアクセスキーではなく AWS Identity and Access Management (IAM) ユーザーのアクセスキーを使用します。AWS アカウントの認証情報によってすべての AWS リソースへのフルアクセス権を付与するため、この認証情報は安全な場所に保存しておき、AWS の日々の操作には IAM ユーザーの認証情報を使用してください。詳細については、「」を参照してください。ルートアカウントの認証情報と IAM ユーザーの認証情報()AWS 全般のリファレンス

Amazon SES SMTP インターフェイス

SMTP 認証情報

ユーザー名とパスワード

Amazon SES SMTP 認証情報の取得」を参照してください。

注記

Amazon SES SMTP 認証情報は、AWS アクセスキーや IAM ユーザーアクセスキーとは異なりますが、実際には IAM 認証情報の一種です。IAM ユーザーは、Amazon SES SMTP 認証情報を作成できますが、ルートアカウント所有者は、IAM ユーザーのポリシーによってユーザーに IAM アクション「iam: ListUsers」、「iam: CreateUser」、「iam: CreateAccessKey」、および「iam: PutUserPolicy」へのアクセス許可が付与されることを確認する必要があります。

Amazon SES コンソール

IAM ユーザー名とパスワード

または

E メールアドレスとパスワード

IAM ユーザー名とパスワード

または

E メールアドレスとパスワード

「」を参照してください。IAM ユーザー名とパスワードおよびE メールアドレスとパスワードAWS 全般のリファレンス

注記

セキュリティのベストプラクティスとして、E メールアドレスとパスワードではなく、IAM ユーザー名とパスワードを使用してください。E メールアドレスとパスワードの組み合わせは AWS アカウント用ですので、AWS の日々の操作に使用するのではなく、安全な場所に保存しておく必要があります。詳細については、「」を参照してください。ルートアカウントの認証情報と IAM ユーザーの認証情報()AWS 全般のリファレンス

さまざまなタイプの AWS セキュリティ認証情報(Amazon SES でのみ使用される SMTP 認証情報は除く)の詳細については、」AWS セキュリティ認証情報()AWS 全般のリファレンス

Amazon SES に関連するさまざまなトピックに関する情報と議論については、AWS メッセージングとターゲティングのブログ。質問を参照して投稿するには、Amazon SES フォーラム