レピュテーションメトリクスの表示とエクスポート - Amazon Simple Email Service

レピュテーションメトリクスの表示とエクスポート

Amazon SES は、アカウント全体のバウンス率や苦情率についての情報を Amazon CloudWatch に自動的にエクスポートします。これらのメトリクスを使用して、CloudWatch でアラームを作成したり、Lambda 関数を使用して E メール送信を自動的に一時停止したりすることができます。

個々の設定セットの評価メトリクスを CloudWatch にエクスポートすることもできます。設定セットレベルで評価データをエクスポートすると、送信者の評価をより詳細に制御できます。

このセクションでは、Amazon SES API を使用して、個々の設定セットの評価データを CloudWatch にエクスポートする手順について説明します。

レピュテーションメトリクスのエクスポートの有効化

設定セット評価メトリクスのエクスポートを開始するには、UpdateConfigurationSetReputationMetricsEnabled API オペレーションを使用します。Amazon SES API にアクセスするには、AWS CLI またはいずれかのAWSSDK を使用することをお勧めします。

この手順では、AWS CLIがコンピュータにインストールされ、正しく設定されていることを前提としています。AWS CLIのインストールおよび設定の詳細については、「AWS Command Line Interfaceユーザーガイド」を参照してください。

設定セットの評価メトリクスのエクスポートを有効化するには

  • コマンドラインから、以下のコマンドを入力します。

    aws ses update-configuration-set-reputation-metrics-enabled --configuration-set-name ConfigSet --enabled

    前のコマンドの ConfigSet を、評価メトリクスのエクスポートを開始する設定セットの名前に置き換えます。

レピュテーションメトリクスのエクスポートの無効化

また、UpdateConfigurationSetReputationMetricsEnabled API オペレーションを使用して、設定セットの評価メトリクスのエクスポートを無効にすることもできます。

設定セットの評価メトリクスのエクスポートを無効化するには

  • コマンドラインから、以下のコマンドを入力します。

    aws ses update-configuration-set-reputation-metrics-enabled --configuration-set-name ConfigSet --no-enabled

    前のコマンドのConfigSetを、評価メトリクスのエクスポートを無効にする設定セットの名前に置き換えます。