シミュレーターを使用した Amazon SES でのテストメール送信 - Amazon Simple Email Service

シミュレーターを使用した Amazon SES でのテストメール送信

Amazon SES コンソールを使用して、Amazon SES でテストメールを送信することを推奨します。ただしコンソールでは手動で情報を入力する必要があるため、通常、テストメールの送信にのみ使用します。Amazon SES の使用を開始した後は、通常、Amazon SES の SMTP インターフェイスまたは API を使用して E メールを送信します。ただし、コンソールは送信アクティビティを監視するのに役立ちます。

以下のトピックでは、コンソールからと手動で E メールを送信の両方でメールボックスシミュレーターを使用する方法を説明します。

コンソールからメールボックスシミュレーターを使用する

重要

このチュートリアルでは、受信を確認できるように自分宛に E メールを送信します。さらに詳しい実験や負荷テストには、Amazon SES メールボックスシミュレーターを使用してください。メールボックスシミュレーターに送信される E メールは、送信クォータに加算されず、バウンス率や苦情率の計算にも含まれません。詳細については、「手動でメールボックスシミュレーターを使用する」を参照してください。

以下のステップを実行する前に、「Amazon Simple Email Service を設定する」のタスクを完了してください

Amazon SES コンソールからテスト E メールメッセージを送信するには

  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定) で、[Verified Identities] (検証済みID) を選択します。

  3. [Identities] (ID) テーブルで、検証済み E メール ID を選択します (チェックボックスをオンにするのではなく、ID の名前を直接クリックします)。検証済みメールアドレス ID がない場合は、「Eメールアドレス ID の作成」を参照してください。

  4. 選択した E メール ID の詳細ページで、[Send test email] (テストメールを送信する) を選択します。

  5. メッセージの詳細で、E メールの形式を選択します。次のように、2 つの選択肢があります。

    • フォーマット済み – これは最も簡単な選択肢です。[Body] テキストボックスにメッセージのみを入力する場合は、このオプションを選択します。E メールを送信するときに、Amazon SES はテキストを E メール形式に変換します。

    • Raw - HTML や添付ファイルなどが含まれるさらに複雑なメッセージを送信する場合には、このオプションを選択します。このような柔軟性により、Amazon SES API を使用して raw E メールを送信するに記載されているとおり、メッセージを各自でフォーマットし、次にフォーマット済みメッセージの全体 (ヘッダーも含む) を [Body] テキストボックスに貼り付けます。HTML が含まれる次の例を使用して、未処理のE メールフォーマットでテストメールを送信してみてください。このメッセージをコピーし、[Body] テキストボックスにすべてを貼り付けます。MIME-VersionヘッダーとContent-Typeヘッダーの間に空白行がないことを確認します。この 2 つの間に空白行があると、E メールが HTML ではなくプレーンテキストとしてフォーマットされます。

      Subject: Amazon SES Raw Email Test MIME-Version: 1.0 Content-Type: text/html <!DOCTYPE html> <html> <body> <h1>This text should be large, because it is formatted as a header in HTML.</h1> <p>Here is a formatted link: <a href="https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/DeveloperGuide/Welcome.html">Amazon Simple Email Service Developer Guide</a>.</p> </body> </html>
  6. テストするシミュレートされた E メールシナリオのタイプを、[Scenario] (シナリオ) リストボックスを展開して選択します。

    1. [Custom] (カスタム) を選択し、Amazon SES サンドボックスで作業している場合は、[Custom recipient] (カスタム受信者) フィールドのアドレスが検証済みの E メールアドレスになっていることを確認します。詳細については、「Eメールアドレス ID の作成」を参照してください。

  7. 必要に応じて、残りのフィールドに入力します。

  8. [Send test email] (テストメール送信) を選択します。

  9. E メールの宛先の E メールクライアントにサインインします。送信した E メールメッセージを確認します。

手動でメールボックスシミュレーターを使用する

Amazon SES のメールボックスシミュレーターを使用すると、さまざまな E メール送信シナリオに対応するアプリケーションの機能をテストできます。メールボックスシミュレーターは、架空の E メールアドレスを作成せずに E メール送信アプリケーションをテストしたり、1 日あたりの送信クォータに影響を与えずにシステムの最大スループットを確認したりする場合に役立ちます。

重要な考慮事項

Amazon SES メールボックスシミュレーターを使用する場合は、以下の特徴と制限に留意してください。

  • メールボックスシミュレーターは、アカウントが Amazon SES サンドボックスにある場合でも使用できます。

  • メールボックスシミュレーターに送信する E メールは、アカウントの最大送信レートのクォータを受けますが、毎日の送信クォータには影響しません。たとえば、アカウントが 24 時間あたり 10,000 件のメッセージ送信を許可されていて、100 件のメッセージをメールボックスシミュレーターに送信した場合、依然として最大 10,000 件のメッセージを通常の受取人に送信でき、送信クォータに達することはありません。

  • メールボックスシミュレーターに送信する E メールは、E メールの配信性能や評価のメトリクスには影響しません。たとえば、大量のメッセージをメールボックスシミュレーターの返送アドレスに送信しても、返送率が高すぎることを警告するメッセージがレピュテーションメトリクスコンソールページに表示されることはありません。

  • 請求に関しては、Amazon SES メールボックスシミュレーターに送信する E メールは、Amazon SES を使用して送信する他の E メールと同じ扱いになります。つまり、メールボックスシミュレーターに送信したメッセージに対しても、通常の受取人に送信したメッセージと同額が請求されます。

  • メールボックスシミュレーターでは、ラベリングがサポートされているため、メールボックスシミュレーターの同じアドレスに複数の方法で E メールを送信したり、アプリケーションで可変エンベロープリターンパス (VERP) を処理する方法を確認したりできます。たとえば、bounce+label1@simulator.amazonses.combounce+label2@simulator.amazonses.comにE メールを送信して、バウンスメッセージとバウンスを生じた E メールアドレスをアプリケーションが照合できるかどうかを確認できます。

  • メールボックスシミュレーターを使用して同じ送信リクエストからの複数のバウンスをシミュレートする場合、Amazon SES は複数のバウンスのレスポンスを 1 つのレスポンスにまとめます。

メールボックスシミュレーターの使用

メールシミュレーターを使用するには、以下の表にあるシナリオを見つけ、対応する E メールアドレスに E メールを送信します。

注記

メールボックスシミュレーターのアドレスに E メールを送信するには、Amazon SES を介して、AWS CLI、AWSSDK、Amazon SES コンソール、Amazon SES SMTPインターフェイス、または Amazon SES APIのいずれかを使用して送信しなければなりません。メールボックスシミュレーターは、外部ソースから送信された E メールには応答しません。

シミュレートシナリオ Eメールアドレス
正常な配信 – 受取人のEメールプロバイダーが、Eメールを受領します。「Amazon SES のイベント通知の設定」に記載されているように配信通知をセットアップしている場合、Amazon SES は Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を通じて配信通知を送信します。 success@simulator.amazonses.com
バウンス – 受取人のEメールプロバイダーは、SMTP 550 5.1.1 レスポンスコード (「不明なユーザー」) レスポンスコードで E メールを拒否します。Amazon SES は、バウンス通知を生成し、アカウントのセットアップ内容に応じて、この通知を E メールで送信するか、Amazon SNS トピックに通知を送信します。通常、ハードバウンスが発生した場合は E メールアドレスが Amazon SES サプレッションリストに追加されますが、メールボックスシミュレーターの E メールアドレスは追加されません。メールボックスシミュレーターから受け取る返送応答は、RFC 3464に対応しています。返送フィードバックの受け取り方法については、「Amazon SES のイベント通知の設定」を参照してください。 bounce@simulator.amazonses.com
自動応答 – 受取人の E メールプロバイダーが E メールを受領し、受取人の受信トレイに配信します。E メールプロバイダーは、不在 (OOTO) メッセージなどの自動応答を E メールのリターンパスヘッダーのアドレスに送信します。リターンパスヘッダーが存在しない場合は、エンベロープ送信者 (「MAIL FROM」) アドレスに送信します。メールボックスシミュレーターから受け取る自動応答は、RFC 3834に対応しています。 ooto@simulator.amazonses.com
苦情 – 受取人のEメールプロバイダーがEメールを受領し、受取人の受信トレイに配信します。受取人は、これを未承諾のメッセージであると判断し、E メールクライアントで [Mark as Spam (スパムとしてマーク)] をクリックします。次に、アカウントのセットアップ内容に応じて、Amazon SES が E メールまたは Amazon SNS トピックへの通知により、送信者に苦情通知を転送します。メールボックスシミュレーターから受け取る苦情応答は、RFC 5965に対応しています。苦情フィードバックの受け取り方法については、「Amazon SES のイベント通知の設定」を参照してください。 complaint@simulator.amazonses.com
サプレッションリストの受取人アドレス – 受取人のアドレスがグローバルサプレッションリストにある場合と同じように Amazon SES でハードバウンスが生成されます。 suppressionlist@simulator.amazonses.com

拒否イベントのテスト

Amazon SES を介して送信するすべてのメッセージでウイルスがスキャンされます。ウイルスを含むメッセージを送信すると、Amazon SES はメッセージを受け入れ、ウイルスを検出して、そのメッセージ全体を拒否します。Amazon SES でメッセージが拒否されると、メッセージの処理が停止され、受取人のメールサーバーへのメッセージ配信は試行されません。次に、拒否イベントが生成されます。

Amazon SES メールボックスシミュレーターには、拒否イベントをテストするためのアドレスは含まれていません。ただし、拒否イベントは、欧州コンピューターウイルス対策研究所(EICAR)テストファイルを使用してテストできます。このファイルは、ウイルス対策ソフトウェアを安全な方法でテストする業界標準の手段です。EICAR テストファイルを作成するには、以下のテキストをファイルに貼り付けます。

X5O!P%@AP[4\PZX54(P^)7CC)7}$EICAR-STANDARD-ANTIVIRUS-TEST-FILE!$H+H*

そのファイルをsample.txtとして保存し、Eメールに添付して、そのメールを確認済みアドレスに送信します。E メールに他の問題がない場合、Amazon SES はメッセージを受け入れますが、実際のウイルスが含まれている場合と同じように拒否します。

注記

拒否された E メール(上記の手順を使用して送信したものを含む) は、1 日あたりの送信クォータに対してカウントされます。送信するメッセージ (拒否されたメッセージを含む) ごとに料金が発生します。

EICARテストファイルについては、Wikipediaの「EICAR テストファイル」を参照してください。