別の E メール送信ソリューションから Amazon SES への移行 - Amazon Simple Email Service

別の E メール送信ソリューションから Amazon SES への移行

このトピックでは、E メール送信ソリューションを、オンプレミスや Amazon EC2 インスタンスでホストされているソリューションから Amazon SES に移動する場合に必要な手順について概要を示します。

ステップ 1. ドメインの検証

Amazon SES を使用して E メールを送信する前に、E メールの送信元の ID を検証する必要があります。Amazon SES の場合、ID は E メールアドレスまたはドメイン全体です。ドメインを検証すると、Amazon SES を使用してそのドメインの任意のアドレスから E メールを送信できます。ドメインの検証の詳細については、「ドメイン ID の作成」を参照してください。

ステップ 2. 本番稼働用アクセスのリクエスト

初めて Amazon SES の使用を開始した時点では、アカウントはサンドボックス環境内にあります。アカウントがサンドボックスにある間は、検証済みアドレスにのみ E メールを送信できます。さらに、1 日に送信できるメッセージの数と、1 秒あたりに送信できるメッセージの数に制限があります。本番稼働用アクセスのリクエストの詳細については、「Amazon SES サンドボックス外への移動」を参照してください。

ステップ 3. ドメイン認証システムの設定

DKIM や SPF などの認証システムを使用するようにドメインを設定できます。このステップは技術的にはオプションです。ただし、ドメインに DKIM または SPF (またはその両方) を設定することで、E メールの配信性能を向上させ、顧客からの信頼度を高めることができます。SPF の設定の詳細については、「Amazon SES における SPF を使った E メールの認証」を参照してください。DKIM の設定の詳細については、「Amazon SES における DKIM を使った E メールの認証」を参照してください。

ステップ 4. SMTP 認証情報の生成

SMTP を使用するアプリケーションを使用して E メールを送信する場合は、SMTP 認証情報を生成する必要があります。SMTP 認証情報は、通常の AWS 認証情報とは異なります。また、これらの認証情報は AWS リージョンごとに一意です。SMTP 認証情報を生成する方法の詳細については、「Amazon SES SMTP 認証情報を取得」を参照してください。

ステップ 5. SMTP エンドポイントへの接続

postfix や sendmail などのメッセージ転送エージェントを使用する場合は、アプリケーションが Amazon SES SMTP エンドポイントを参照するように設定を更新する必要があります。SMTP エンドポイントの詳細なリストについては、「Amazon SES SMTP エンドポイントへの接続」を参照してください。前のステップで作成した SMTP 認証情報は、特定の AWS リージョンに関連付けられていることに注意してください。SMTP 認証情報を作成したリージョンの SMTP エンドポイントに接続する必要があります。

次のステップ

この時点で、Amazon SES を使用して E メールの送信を開始する準備が整いました。ただし、オプションとして実行できるステップがいくつかあります。

  • 設定セットを作成できます。これは、送信する E メールに適用されるルールのセットです。たとえば、設定セットを使用して、E メールを配信したときや、受取人がメッセージを開いたりメッセージ内のリンクをクリックしたりしたとき、E メールがバウンスしたとき、受取人が E メールをスパムとしてマークしたときに、通知を送信する先を指定できます。詳細については、「Amazon SESの設定セットの使用」を参照してください。

  • Amazon SES 経由で E メールを送信するときは、アカウントのバウンスや苦情をモニタリングすることが重要です。Amazon SES には、アカウントの返送やクレームを追跡するために使用できる評価メトリクスコンソールページが含まれています。詳細については、「評価メトリクスを使用して返送率と苦情率を追跡する」を参照してください。また、これらのレートが高くなりすぎた場合に警告する CloudWatch アラームを作成することもできます。CloudWatch アラームの作成の詳細については、「CloudWatch を使用して評価モニタリングアラームを作成する」を参照してください。

  • 大量の E メールを送信するユーザーや、自分の IP アドレスの評価を完全に制御したいユーザーは、追加の月額料金を支払って専用 IP アドレスをリースできます。詳細については、「Amazon SES での専用 IP アドレス」を参照してください。