コマンドラインを使用して、Amazon SES SMTP インターフェイスへの接続をテストする - Amazon Simple Email Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

コマンドラインを使用して、Amazon SES SMTP インターフェイスへの接続をテストする

コマンドラインからこのセクションで説明されている方法を使用して、Amazon SES SMTP エンドポイントへの接続をテストし、SMTP 認証情報を検証し、接続の問題をトラブルシューティングできます。以下の手順では、代表的なオペレーティングシステムに搭載されているツールやライブラリを使用します。

SMTP 接続問題のトラブルシューティングの詳細については、「Amazon SES SMTP の問題」を参照してください。

前提条件

Amazon SES SMTP インターフェイスに接続するときは、SMTP 認証情報のセットを指定する必要があります。SMTP 認証情報は、標準の AWS 認証情報とは異なります。2 つのタイプの認証情報は、一方をもう一方の代わりに使用することはできません。SMTP 認証情報を取得する方法の詳細については、「Amazon SES SMTP 認証情報を取得」を参照してください。

Amazon SES SMTP インターフェイスへの接続のテスト

コマンドラインを使用すると、認証情報の入力やメッセージの送信を行うことなく、Amazon SES SMTP インターフェイスへの接続をテストできます。この手順は、基本的な接続問題のトラブルシューティングに役立ちます。テスト接続に失敗した場合は、「SMTP に関する問題」を参照してください。

このセクションでは、OpenSSL (ほとんどの Linux、macOS、Unix ディストリビューションに含まれ、Windows でも使用可能) と PowerShell (最新バージョンの Windows に含まれている) Test-NetConnection の コマンドレットの両方を使用して接続をテストする手順について説明します。

Linux, macOS, or Unix

OpenSSL を使用して Amazon SES SMTP インターフェイスに接続するには、ポート 587 経由で明示的な SSL を使用する方法と、ポート 465 経由で暗黙的な SSL を使用する方法の 2 つがあります。

明示的な SSL を使用して SMTP インターフェイスに接続するには
  • コマンドラインで、次のコマンドを入力して Amazon SES SMTP サーバーに接続します。

    openssl s_client -crlf -quiet -starttls smtp -connect email-smtp.us-west-2.amazonaws.com:587

    上のコマンドで、email-smtp.us-west-2.amazonaws.comを、使用するAWS地域の Amazon SES SMTP エンドポイントの URL に置き換えます。詳細については、「地域と Amazon SES」を参照してください。

    正常に接続されると次のような出力が表示されます。

    depth=2 C = US, O = Amazon, CN = Amazon Root CA 1 verify return:1 depth=1 C = US, O = Amazon, OU = Server CA 1B, CN = Amazon verify return:1 depth=0 CN = email-smtp.us-west-2.amazonaws.com verify return:1 250 Ok

    約 10 秒間何もしないと、接続は自動的に終了します。

または、暗黙的な SSL を使用して、ポート 465 経由で SMTP インターフェイスに接続することもできます。

暗黙的な SSL を使用して SMTP インターフェイスに接続するには
  • コマンドラインで、次のコマンドを入力して Amazon SES SMTP サーバーに接続します。

    openssl s_client -crlf -quiet -connect email-smtp.us-west-2.amazonaws.com:465

    上のコマンドで、email-smtp.us-west-2.amazonaws.comを、使用するAWS地域の Amazon SES SMTP エンドポイントの URL に置き換えます。詳細については、「地域と Amazon SES」を参照してください。

    正常に接続されると次のような出力が表示されます。

    depth=2 C = US, O = Amazon, CN = Amazon Root CA 1 verify return:1 depth=1 C = US, O = Amazon, OU = Server CA 1B, CN = Amazon verify return:1 depth=0 CN = email-smtp.us-west-2.amazonaws.com verify return:1 220 email-smtp.amazonaws.com ESMTP SimpleEmailService-d-VCSHDP1YZ A1b2C3d4E5f6G7h8I9j0

    約 10 秒間何もしないと、接続は自動的に終了します。

PowerShell

Test-NetConnectioncmdlet を使用して PowerShell 、Amazon SES SMTP サーバーに接続できます。

注記

Test-NetConnection コマンドレットでは、コンピュータが Amazon SES SMTP エンドポイントに接続できるかどうかを判断できます。ただし、コンピュータが SMTP エンドポイントに暗黙的な SSL 接続や明示的な SSL 接続を確立できるかどうかはテストしません。SSL 接続をテストするには、OpenSSL for Windows をインストールするか、テスト E メールを送信できます。

Test-NetConnection コマンドレットを使用して SMTP インターフェイスに接続するには
  • で PowerShell、次のコマンドを入力して Amazon SES SMTP サーバーに接続します。

    Test-NetConnection -Port 587 -ComputerName email-smtp.us-west-2.amazonaws.com

    上記のコマンドで、email-smtp.us-west-2.amazonaws.comをAWS地域の Amazon SES SMTP エンドポイントの URL に置き換え、587をポート番号に置き換えます。Amazon SES の地域のエンドポイントの詳細については、の「地域と Amazon SES」を参照してください。

    接続に成功すると、次の例のような出力が表示されます。

    ComputerName : email-smtp.us-west-2.amazonaws.com RemoteAddress : 198.51.100.126 RemotePort : 587 InterfaceAlias : Ethernet SourceAddress : 203.0.113.46 TcpTestSucceeded : True