設定セットレベルの抑制を使用してアカウントレベルのサプレッションリストを上書きする - Amazon Simple Email Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

設定セットレベルの抑制を使用してアカウントレベルのサプレッションリストを上書きする

アカウント全体に対してアカウントレベルのサプレッションリストが設定されている場合、設定セットレベルのサプレッションリストを上書きすることで、異なる設定セットに対して個別にカスタマイズできます。このきめ細かさにより、独自の設定セットに割り当てた異なる E メール送信グループに対して、カスタマイズされた抑制設定を使用できます。例えば、アカウントレベルのサプレッションリストが、バウンスアドレスと苦情アドレスの両方が追加されるように設定されているが、設定セットで定義された特定の E メール属性があり、追加される苦情アドレスのみに関心があるとします。この場合は、設定セットの抑制の上書きを有効にして、(アカウントレベルのサプレッションリストで設定されているバウンスや苦情ではなく) この設定セットで送信された E メールからの苦情に対してのみ、アカウントレベルのサプレッションリストに E メールアドレスが追加されるようにします。

設定セットレベルの抑制では、抑制をまったく使用しないなど、さまざまなレベルで、アカウントレベルの抑制を上書きします。次のコンソール手順で設定できるこれらのさまざまな抑制レベルを理解するために、次のリレーションシップマップでは、さまざまなレベルの上書きを有効または無効にできる選択肢の決定セットをモデル化します。これらの組み合わせに応じて、3 つのレベルの抑制の実装に使用できます。

  • No overrides (上書きなし) (デフォルト) – 設定セットでは、アカウントレベルのサプレッションリスト設定が使用されます。

  • Override account level settings (アカウントレベルの設定を上書きする) – これにより、アカウントレベルのサプレッションリストの設定が無効になります。この設定セットで送信された E メールでは、抑制設定はまったく使用されません。

  • Override account level settings with configuration set-level suppression enabled (設定セットレベルの抑制を有効にしたアカウントレベルの設定を上書きする) – この設定セットで送信された E メールでは、その設定に対して有効にした抑制条件 (バウンス、苦情、またはバウンスと苦情) のみが使用されます。アカウントレベルのサプレッションリストの設定に関わらず、設定は上書きされます。

設定セットレベルの抑制は実際のサプレッションリストではないことに注意してください。これは、この設定セットで定義されたカスタム抑制設定を使用して、アカウントレベルの抑制を上書きするメカニズムにすぎません。この設定セットを使用して送信される E メールは、独自の抑制設定のみを使用することになり、アカウントレベルの抑制設定は無視されます。つまり、設定セットレベルの抑制は、アカウントレベルのサプレッションリストに追加される E メールアドレスを決定する抑制理由を変更 (上書き) するだけで、アカウントレベルのサプレッションリストと相互に作用します。

設定セットレベルのサプレッションの有効化

Amazon SES の新しいコンソールを使用して設定セットレベルの抑制を有効にするには、次の手順を実行します。
  1. AWS Management Console にサインインして Amazon SES コンソール (https://console.aws.amazon.com/ses/) を開きます。

  2. ナビゲーションペインの [Configuration] (設定)で、[Configuration sets] (設定セット) を選択します。

  3. [Configuration sets] (設定セット) で、カスタマイズサプレッションで設定する設定セットの名前を選択します。

  4. [Suppression list options] (サプレッションリストオプション) ペインで、[Edit] (編集) を選択します。

  5. [Suppression list options] (サプレッションリスト) のオプションセクションには、この設定セットによりアカウントレベルの抑制を上書きするオプションなどを含む決定セットが用意されています。設定セットレベルのサプレッションロジックマップによって、オーバーライドが組み合わさった結果が、どのように影響するのかが分かります。これらの多層オーバーライドを選択し組み合わせることで、3 つの異なるレベルの抑制を実装できます。

    1. アカウントレベルのサプレッションを使用してください。アカウントレベルの抑制を上書きしたり、設定セットレベルの抑制を実装したりしないでください。基本的に、この設定セットを使用して送信される E メールは、アカウントレベルの抑制のみを使用します。目的:

      1. [Suppression list settings] (サプレッションリストの設定) で、[Override account level settings] (アカウントレベルの設定を上書きする) ボックスのチェックを外します。

    2. 抑制は使用しないでください。設定セットレベルの抑制は有効にせずに、アカウントレベルの抑制を上書きします。この設定セットを使用して送信される E メールは、アカウントレベルの抑制を使用しないことになります。言い換えると、すべての抑制がキャンセルされます。目的:

      1. [Suppression list settings] (サプレッションリストの設定) で、[Override account level settings] (アカウントレベルの設定を上書きする) ボックスにチェックを付けます。

      2. [Suppression list] (サプレッションリスト) で、[Enabled] (有効) ボックスのチェックを外します。

    3. 設定セットレベルの抑制を使用してください。この設定セットで定義されたカスタム抑制設定を使用して、アカウントレベルの抑制を上書きします。この設定セットを使用して送信される E メールは、独自の抑制設定のみを使用することになり、アカウントレベルの抑制設定は無視されます。目的:

      1. [Suppression list settings] (サプレッションリストの設定) で、[Override account level settings] (アカウントレベルの設定を上書きする) ボックスにチェックを付けます。

      2. [Suppression list] (サプレッションリスト) で [Enabled] (有効) にチェックを入れます。

      3. [Specify the reason(s)...] (理由を指定) で、この設定セットで使用する抑制の理由を 1 つ選択します。

  6. [Save changes] (変更の保存) をクリックします。