AWS CLI と IAM Identity Center の統合 - AWS IAM Identity Center

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CLI と IAM Identity Center の統合

AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) バージョン 2 と IAM Identity Center の統合により、サインインプロセスが簡略化します。デベロッパーは、IAM Identity Center へのサインインに通常使用している Active Directory や IAM Identity Center の認証情報を用いて AWS CLI に直接サインインし、割り当てられたアカウントやロールにアクセスすることができます。例えば、管理者が IAM Identity Center を設定して認証に Active Directory を使用すると、デベロッパーは Active Directory の認証情報を使って AWS CLI に直接サインインすることができます。

AWS CLI と IAM Identity Center の統合により、以下のようなメリットがあります。

  • 企業は、AWS Directory Service を使って IAM Identity Center を Active Directory に接続することで、IAM Identity Center や Active Directory からの認証情報を使ってデベロッパーがサインインできるようになります。

  • デベロッパーは CLI からサインインすることで、より迅速なアクセスが可能になります。

  • デベロッパーは、自分がアクセス権を割り当てたアカウントやロールを一覧表示して切り替えることができます。

  • デベロッパーは、CLI 構成で名前付きロールプロファイルを自動的に生成し、保存し、CLI で参照することで、目的のアカウントやロールでコマンドを実行することができます。

  • CLI は短期間の認証情報を自動的に管理するため、開発者は中断することなく安全に CLI を開始して使用し、長時間実行するスクリプトを実行することができます。

AWS CLI と IAM Identity Center の統合方法

AWS CLI と IAM Identity Center の統合を使用するためには、AWS Command Line Interface バージョン 2 をダウンロードし、インストールし、設定する必要があります。AWS CLI をダウンロードして IAM Identity Center と統合する方法の詳細な手順については、「AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「IAM Identity Center を使用するためのAWS CLI の設定」を参照してください。