Amazon Simple Notification Service
開発者ガイド (API バージョン 2010-03-31)

モバイルアプリの AWS への登録

Amazon SNS がモバイルエンドポイントに通知メッセージを送信するためには、直接か、トピックへの受信登録かにかかわらず、最初にアプリを AWS に登録する必要があります。AWS にモバイルアプリを登録するには、アプリを表す名前を入力し、サポートされるプラットフォームを選択して、通知サービスプラットフォームの認証情報を指定します。アプリが AWS に登録されたら、次の手順はアプリやモバイルデバイス用のエンドポイントの作成です。このエンドポイントは、アプリとデバイスに通知メッセージを送信するために Amazon SNS によって使用されます。

モバイルアプリを AWS に登録するには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home に移動し、[Create platform application] をクリックします。

  2. [Application name] ボックスにアプリを表す名前を入力します。

    アプリ名は大文字および小文字の ASCII 文字、数字、アンダースコア、ハイフン、およびピリオドのみで構成され、1~256 文字の長さである必要があります。

  3. [Push notification platform] ボックスで、アプリが登録されているプラットフォームを選択し、適切な認証情報を入力します。

    注記

    いずれかの APNS プラットフォームを使用している場合は、[Choose file] を選択して .p12 ファイル (Keychain Access からエクスポートされる) を Amazon SNS にアップロードできます。

    以下の情報を取得する方法の詳細な手順については、「Amazon Device Messaging の使用開始」、「Apple Push Notification Service の使用開始」、「Baidu Cloud Push の使用開始」、「Android 用 Google クラウドメッセージング の使用開始, MPNS の使用開始」、または「 WNS の使用開始」を参照してください。

    プラットフォーム 認証情報

    ADM

    [Client ID] – Amazon Mobile App Distribution Portal にアクセスし、[Apps and Services] をクリックし、Kindle Fire アプリの名前をクリックしてから、[Security Profile] をクリックします。

    [Client Secret] – Amazon Mobile App Distribution Portal にアクセスし、[Apps and Services] をクリックし、Kindle Fire アプリの名前をクリックしてから、[Security Profile] をクリックします。

    APNS

    [Certificate] – Mac コンピュータの Keychain Access から .p12 ファイル形式でエクスポートされた、パスワードで暗号化された証明書とプライベートキーを選択します。

    [Certificate Password] – パスワードを入力します。

    APNS_SANDBOX

    [Certificate] – 上記の APNS のものと同じです。

    [Certificate Password] – 上記の APNS のものと同じです。

    APNS_VOIP

    [Certificate] – 上記の APNS のものと同じです。

    [Certificate Password] – 上記の APNS のものと同じです。

    APNS_VOIP_SANDBOX

    [Certificate] – 上記の APNS のものと同じです。

    [Certificate Password] – 上記の APNS のものと同じです。

    MACOS

    [Certificate] – 上記の APNS のものと同じです。

    [Certificate Password] – 上記の APNS のものと同じです。

    MACOS_SANDBOX

    [Certificate] – 上記の APNS のものと同じです。

    [Certificate Password] – 上記の APNS のものと同じです。

    Baidu

    [API Key] – 「ステップ 3: Baidu クラウドプッシュプロジェクトを作成する」の説明に従って、Baidu クラウドプッシュプロジェクトの作成後に受け取った API キーを入力します。

    [Client Secret] – 「ステップ 3: Baidu クラウドプッシュプロジェクトを作成する」の説明に従って、Baidu クラウドプッシュプロジェクトの作成後に受け取ったシークレットキーを入力します。

    GCM

    [API Key] – Google APIs Console ウェブサイトにアクセスし、[API Access] をクリックして、[Key for server apps (with IP locking)] ラベルがあるサーバー API キーを書き留めます。まだサーバー API キーを作成していない場合は、[Create new Server key...] をクリックします。

    MPNS

    [Certificate] – 「ステップ 4: TLS 証明書をアップロードする」の説明に従って、Windows 開発者アカウントの TLS 証明書を入力します。

    [Private Key] – 「ステップ 4: TLS 証明書をアップロードする」の説明に従って、TLS 証明書のプライベートキーを入力します。

    WNS

    [Client Secret] – Windows プッシュ通知サービス (WNS) による認証方法」の説明に従って、クライアントシークレットを入力します。

    [Package Security Identifier (SID)] – Windows プッシュ通知サービス (WNS) による認証方法」の説明に従って、SID を入力します。

  4. この情報を入力したら、[Add New App] をクリックします。

    アプリが Amazon SNS に登録されます。これにより、選択されたプラットフォーム用のプラットフォームアプリケーションオブジェクトが作成され、対応する PlatformApplicationArn が返されます。