Amazon Simple Notification Service
開発者ガイド

Amazon Simple Notification Service とは

Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) は、サブスクライブしているエンドポイントまたはクライアントへのメッセージの配信または送信を、調整および管理するウェブサービスです。Amazon SNS には、発行者と受信者という 2 種類のクライアントが存在し、それぞれプロデューサーとコンシューマーとも呼ばれます。——発行者は、論理アクセスポイントおよび通信チャネルであるトピックにメッセージを作成して送信することで、受信者と非同期的に通信します。トピックにサブスクライブされているサブスクライバー (ウェブサーバー、E メールアドレス、Amazon SQS キュー、AWS Lambda 関数) は、サポートされているプロトコル (Amazon SQS、HTTP/S、E メール、SMS、Lambda) の 1 つを使用して、メッセージや通知を消費または受信します。

Amazon SNS を使用するときは、所有者としてトピックを作成し、そのトピックと通信できる発行者とサブスクライバーを決定するポリシーを定義することで、アクセスを制御します。発行者は、自分が作成したトピック、または発行を許可されたトピックにメッセージを送信します。各メッセージに固有の送信先アドレスを含める代わりに、発行者はトピックにメッセージを送信します。Amazon SNS では、トピックをそのトピックの受信者リストと照合し、メッセージをそれらの各受信者に送信します。各トピックには、発行者がメッセージを投稿したり、サブスクライバーが通知に登録する Amazon SNS エンドポイントを識別するための一意の名前があります。サブスクライバーは、サブスクライブしているトピックに対して発行されたすべてのメッセージを受信します。また、同じトピックのサブスクライバーはすべて同じメッセージを受信します。