Amazon Simple Notification Service
開発者ガイド

Amazon SNS の開始方法

このセクションでは、Amazon SNS の理解を役立つように AWS マネジメントコンソール を使用してトピック、サブスクリプション、およびメッセージを管理する方法について説明します。

前提条件

開始する前に、「Amazon SNS へのアクセスをセットアップする」の手順を完了します。

ステップ 1: トピックを作成する

  1. Amazon SNS コンソールにサインインします。

  2. [トピックの作成] セクションで、[トピック名] に名前 (MyTopic など) を入力します。

  3. [トピックの作成] を選択します。

    トピックが作成され、[MyTopic] ページが表示されます。

    トピックの名前ARN表示名 (省略可能)、およびトピックの所有者の AWS アカウント ID が [詳細] セクションに表示されます。

  4. トピック ARN をクリップボードにコピーします。次に例を示します。

    arn:aws:sns:us-east-2:123456789012:MyTopic

ステップ 2: トピックに対するエンドポイントのサブスクリプションを作成する

  1. ナビゲーションパネルで、[サブスクリプション] を選択します。

  2. [サブスクリプション] ページで [サブスクリプションの作成] を選択します。

  3. [サブスクリプションの作成] ページで、次の操作を行います。

    1. 前に作成したトピックの [トピック ARN] を入力します。次に例を示します。

      arn:aws:sns:us-east-2:123456789012:MyTopic

      注記

      現在の AWS アカウントのトピックを一覧表示するには、[トピック ARN] フィールドを選択します。

    2. [プロトコル] で、エンドポイントタイプ ([E メール] など) を選択します。

    3. [エンドポイント] に、通知を受信できる E メールアドレスを入力します。次に例を示します。

      name@example.com

      注記

      サブスクリプションが作成されたら、これを確認する必要があります。HTTP/S エンドポイント、E メールアドレス、および他の AWS アカウントの AWS リソースの確認のみが必要です。同じ AWS アカウント (およびモバイルエンドポイント) の Amazon SQS キューや Lambda 関数の確認は不要です。

    4. [Create subscription] を選択します。

      サブスクリプションが作成され、[サブスクリプション: 1234a567-bc89-012d-3e45-6fg7h890123i] ページが表示されます。

      サブスクリプションの ARNエンドポイントトピックステータス (このステージでは [保留中の確認])、およびプロトコルが [詳細] セクションに表示されます。

  4. E メールクライアントで、指定した E メールアドレスを確認し、Amazon SNS からの E メールで [サブスクリプションを確認] を選択します。

  5. ウェブブラウザに、サブスクリプションの確認がサブスクリプション ID とともに表示されます。

ステップ 3: トピックにメッセージを発行する

  1. ナビゲーションパネルで、[トピック] を選択します。

  2. [トピック] ページで、前に作成したトピックを選択し、[メッセージの発行] を選択します。

  3. [Publish message to topic (トピックへのメッセージの発行)] ページで、次の操作を行います。

    1. [Message details (メッセージの詳細)] セクションで、[件名] (省略可能) を入力します。次に例を示します。

      Hello from Amazon SNS!
    2. [Message body (メッセージの本文)] セクションでメッセージを入力します。次に例を示します。

      If you receive this message, publishing a message to an Amazon SNS topic works.
    3. [Message attributes (メッセージの属性)] セクションで、属性を追加します。Amazon SNS では、追加された属性とサブスクリプション属性 FilterPolicy を照合し、サブスクライブされたエンドポイントが、発行されたメッセージに関心があるかどうかを判断します。詳細については、「Amazon SNS メッセージ属性」を参照してください。

    4. [メッセージの発行] を選択します。

      メッセージがトピックに発行されて、[MyTopic] ページに表示されます。

      トピックの名前ARN表示名 (省略可能)、およびトピックの所有者の AWS アカウント ID が [詳細] セクションに表示されます。

  4. E メールクライアントで、前に指定した E メールアドレスを確認し、Amazon SNS からの E メールを読みます。

ステップ 4: サブスクリプションとトピックを削除する

  1. ナビゲーションパネルで、[サブスクリプション] を選択します。

  2. [サブスクリプション] ページで、確認済みのサブスクリプションを選択し、[削除] を選択します。

    注記

    保留中の確認を削除することはできません。3 日後に、Amazon SNS で自動的に削除されます。

  3. [サブスクリプションの削除] ダイアログボックスで、[削除] を選択します。

    サブスクリプションが削除されます。

  4. ナビゲーションパネルで、[トピック] を選択します。

  5. [トピック] ページで、トピックを選択して [削除] を選択します。

    重要

    トピックを削除すると、そのトピックに対するすべてのサブスクリプションも削除されます。

  6. [トピック MyTopic の削除] ダイアログボックスで、「delete me」と入力して [削除] を選択します。

    トピックが削除されます。

次のステップ

トピックとサブスクリプションを作成し、トピックにメッセージを送信する方法、およびサブスクリプションとトピックを削除する方法を理解したので、以下を試すことができます。