Amazon Simple Notification Service
開発者ガイド (API バージョン 2010-03-31)

Amazon Simple Notification Service の使用開始

このセクションでは、Amazon SNS のコンセプトを理解し、トピックの作成およびトピックへの発行に利用可能なツールとインターフェイスを迅速にセットアップして、使用するための情報を提供します。プッシュ通知メッセージを開始するには、「受信者がモバイルアプリケーションの場合のユーザー通知に Amazon SNS を使用する (モバイルプッシュ)」を参照してください。

開始する前に

Amazon SNS を使用するには、AWS アカウントが必要です。まだ使用していない場合は、以下の手順を使用します。

AWS アカウントにサインアップするには

  1. https://aws.amazon.com/ を開き、[AWS アカウントの作成] を選択します。

    注記

    AWS アカウントのルートユーザー 認証情報を使用して、すでに AWS マネジメントコンソール にサインインしている場合は、[Sign in to a different account (別のアカウントにサインインする)] を選択します。IAM 認証情報を使用して、すでにコンソールにサインインしている場合は、[Sign-in using root account credentials (ルートアカウントの資格情報を使ってサインイン)] を選択します。[新しい AWS アカウントの作成] を選択します。

  2. オンラインの手順に従います。

    サインアップ手順の一環として、通話呼び出しを受け取り、電話のキーパッドを用いて確認コードを入力することが求められます。

Amazon SNS の使用を開始するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインした後、Amazon SNS コンソール (https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home) を開きます。

  2. [Get Started (使用を開始)] ボタンを選択します。

    SNS ホームページに移動します。

トピックの作成

Amazon SNS にサインアップすると、トピックを作成できます。トピックとは、メッセージを送信し、通知を受信する通信チャネルです。発行者と受信者が相互に意思疎通するためのアクセスポイントを提供します。このセクションでは、MyTopic という名前のトピックを作成します。

トピックを作成するには

  1. Amazon SNS コンソールで、[トピックの作成] を選択します。

    [Create topic] ダイアログボックスが表示されます。

  2. [Topic name] ボックスにトピック名を入力します。

  3. [Create topic] を選択します。

  4. [トピックの詳細] ページで新しいトピックを選択してから、トピック ARN を選択します。

  5. トピックの [ARN] をコピーします。

    arn:aws:sns:us-west-2:111122223333:MyTopic

トピックへのサブスクライブ

トピックに対して発行されたメッセージを受信するには、そのトピックへのエンドポイントを受信する必要があります。エンドポイントは、Amazon SNS から通知メッセージを受信できるモバイルアプリ、ウェブサーバー、E メールアドレス、または Amazon SQS キューです。任意のトピックにエンドポイントをサブスクライブし、サブスクリプションが確認されると、エンドポイントはそのトピックに発行されたすべてのメッセージを受信するようになります。

このセクションでは、前のセクションで作成したトピックにエンドポイントをサブスクライブします。E メールアカウントにトピックメッセージが送信されるように、サブスクリプションを設定します。

トピックにサブスクライブするには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

  2. [Create subscription] を選択します。

    [Create Subscription] ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Topic ARN] フィールドで、前のタスクで作成したトピック ARN (例: arn:aws:sns:us-west-2:111122223333:MyTopic) をペーストします。

  4. [Protocol] ドロップダウンボックスで [Email] を選択します。

  5. [Endpoint] ボックスに、通知を受信するために使用できる E メールアドレスを入力します。

    重要

    Entourage ユーザーの場合: Entourage は確認用 URL を削除してしまいます。別の E メールアプリケーションで利用できる E メールアドレスを入力します。

  6. [Create subscription] を選択します。

  7. E メールアプリケーションに移動して AWS Notifications から届いたメッセージを開き、リンクを選択してサブスクリプションを確認します。

    ウェブブラウザに Amazon SNS の確認画面が表示されます。

トピックへの発行

発行者がメッセージをトピックに送信します。新しいメッセージが発行されると、Amazon SNS はそのメッセージをトピックにサブスクライブされているすべてのエンドポイントに配信しようとします。このセクションでは、前のタスクで定義した E メールアドレスにメッセージを発行します。

トピックに発行するには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

    左側のナビゲーションペインで、[トピック] を選択してから、発行先のトピックを選択します。

  2. [トピックに発行] ボタンを選択します。

    [Publish a Message] ページが表示されます。

  3. [Subject] ボックスにメッセージの件名を入力します。

  4. [Message] ボックスに短いメッセージを入力します。

  5. [Publish Message] を選択します。

    確認のダイアログボックスが表示されます。

これで、E メールアプリケーションを使用して、AWS 通知からのメッセージを開き、メッセージを読めるようになりました。

プロトコルごとに異なるメッセージを作成する

メッセージフォーマットサポートを使用して、送信するメッセージをプロトコルごとにカスタマイズすることができます。たとえば、E メールと SMS サブスクライバーに送る通知を、各クライアントタイプに合わせて設計できます。SMS ユーザーは短いメッセージを受信できますが、E メールユーザーは、より長い、詳細なメッセージを受信できます。

メッセージをフォーマットしてトピックに発行するには

  1. AWS マネジメントコンソールにサインインした後、Amazon SNS コンソール (https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home) を開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで、[トピック] を選択してから、トピックを選択します。

  3. [トピックに発行] ボタンを選択します。

    [Publish a message] ページが表示されます。

  4. [JSON Message Generator] ボタンを選択します。

  5. [Message] ボックスに短いメッセージを入力します。

  6. この例では、[Target Platforms] で [email] および [sms] を選択します。

  7. [JSON の生成] ボタンを選択します。

    各クライアントタイプに合わせて、メッセージテキストを変更できるようになりました。

    SMS メッセージには、最大で 160 個の ASCII (または 70 個の Unicode) 文字を含めることができます。メッセージがこの長さを超える場合、Amazon SNS はそれを複数のメッセージとして送信し、それぞれが文字数の制限以内に収められます。メッセージは単語の途中ではなく、全単語の境界で切り離されます。

    E メールメッセージのサイズは最大 256 KB まで可能です。

    以下の例では、デフォルト、E メール、SMS プロトコル用にメッセージを指定します。

    { "default": "Message body text here.", "email": "Message body text here.", "sms": "Message body text here." }
  8. [Publish message] を選択します。

    確認のダイアログボックスが表示されます。

クリーンアップ

トピックを作成し、そこにサブスクライブして、そのトピックにメッセージを発行しました。今度は、トピックからサブスクライブを解除してからトピックを削除して、環境をクリーンアップします。

トピックからサブスクライブを解除するには

  1. https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

    左のナビゲーションペインで、[Subscriptions] を選択します。

    [Subscriptions] ページが開きます。

  2. サブスクリプションリストのサブスクリプションを選択します。複数のサブスクリプションを作成した場合を除き、このページのリストにはこれだけが表示されます。

  3. [Actions (アクション)] ドロップダウンリストを選択してから、[サブスクリプションの削除] を選択します。

    [Delete ] 確認ダイアログボックスが表示されます。

  4. [Delete] を選択します。

サブスクリプションは、まだ確認されていない保留中のサブスクリプションでない限り、削除されます。保留中のサブスクリプションは削除できませんが、3 日間保留中のままの場合、Amazon SNS はそれを自動的に削除します。

トピックを削除するには

https://console.aws.amazon.com/sns/v2/home にある Amazon SNS コンソールを開きます。

  1. 左側のナビゲーションペインで、[トピック] を選択してから、削除するトピックを選択します。

  2. [Actions (アクション)] ドロップダウンリストを選択してから、[トピックの削除] を選択します。

    [Delete ] 確認ダイアログボックスが表示されます。

  3. [Delete] を選択します。

    トピックを削除すると、そのトピックのサブスクリプションもすべて削除されます。