状態 - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

状態

個別の状態では、入力に基づいて決定を行い、アクションを実行して、出力を他の状態に渡すことができます。AWS Step Functions で、Amazon ステートメント言語内のワークフローを定義します。Step Functions コンソールは、アプリケーションロジックを視覚化するために、そのステートマシンをグラフィカルに表示します。

注記

選択したエディタなど、Step Functions コンソール外でステートマシンを定義する場合は、ステートマシンの定義を拡張子で保存する必要があります。asl.json

状態はステートマシンの要素です。状態は名前で参照されます。任意の文字列を指定できますが、ステートマシン全体の範囲で一意である必要があります。

状態はステートマシン内でさまざまな関数を実行できます。

  • ステートマシンで何らかの作業をする (Task 状態)。

  • 実行の選択肢間で選択する (選択状態)

  • 失敗または成功で実行を停止する (失敗または成功状態)

  • 入力を単純に出力に渡す、または一部の固定データを出力する (パス状態)

  • 一定時間または指定された時刻/日付まで遅延を提供する (待機状態)

  • 実行の並列ブランチを開始する (並行状態)

  • ステップを動的に反復する (マップ状態)

以下は、AWS Lambda 関数を実行する HelloWorld という名前の状態の例です。

"HelloWorld": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:lambda:us-east-1:123456789012:function:HelloFunction", "Next": "AfterHelloWorldState", "Comment": "Run the HelloWorld Lambda function" }

状態は多くの一般的な特徴を共有しています。

  • 各状態には、必ずその状態のタイプを示す Type フィールドがあります。

  • 各状態は任意で、人間が読んで理解できる状態の説明を入力できる Comment フィールドを持つことができます。

  • 各状態 (Succeed または Fail 状態を除く) には Next フィールドが必要です。または、代わりに End フィールドを指定して終了状態にできます。

    注記

    Choice 状態には 1 つ以上の Next がある場合がありますが、各 選択ルール内には 1 つのみです。Choice 状態では End を使用できません。

特定の状態タイプには追加フィールドが必要です。または共通フィールドの使用方法を再定義します。

スタンダードワークフローが作成され実行されると、Step Functions コンソール[Execution Details] (実行詳細) ページをみて、各状態、入出力、いつ、どれだけの時間アクティブだったかの情報にアクセスできます。詳細については、次を参照してください。Step Functions コンソールでの実行の表示とデバッグ

Express ワークフローを作成して実行した後、ロギングが有効になっている場合は、Amazon での実行に関する情報にアクセスする CloudWatch ログ