AWS Step Functions とは - AWS Step Functions

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS Step Functions とは

AWS Step Functions は、視覚的なワークフローを使用して、分散アプリケーションとマイクロサービスのコンポーネントを調整できるウェブサービスです。それぞれ別個の関数 (タスク) を実行する個々のコンポーネントからアプリケーションを構築することで、簡単にアプリケーションをスケールおよび変更できます。

Step Functions は、コンポーネントを調整し、アプリケーションの機能をステップスルーするための信頼できる方法を提供します。Step Functions は、一連の手順としてアプリケーションのコンポーネントを視覚化するためのグラフィカルコンソールを提供します。AWS Step Functions では、各ステップが自動的にトリガーおよび追跡され、エラーが発生した場合は再試行されるため、アプリケーションが毎回意図したとおりに整然と実行されます。また、Step Functions は各ステップの状態を記録するため、問題が発生した場合は、問題を簡単に診断およびデバッグできます。

Step Functions ではオペレーションや基盤となるインフラストラクチャが自動的に管理されるため、どのような規模でもアプリケーションを確実に提供できます。

AWS クラウド、お使いサーバー、または AWS にアクセスできるシステムでタスクを実行できます。Step Functions コンソール、AWS SDK、または HTTP API を使用して、Step Functions にアクセスして使用します。

このガイドでは、これらのメソッドを使用して独自のステートマシンを開発、テスト、トラブルシューティングする方法について説明します。

Step Functions の概要

以下は AWS Step Functions の主な特徴です。

Express ワークフロー

標準ワークフローと比較すると、Express ワークフローには次のような特徴があります。

  • 大容量のイベント処理ワークロードに適しています。

  • 短期間でイベントレートの高いワークロードに対して、費用対効果の高い処理を可能にします。

  • Express ワークフローでログ記録が有効になっている場合は Amazon CloudWatch Logs で検査できます。

詳細については、「標準ワークフローとExpress ワークフロー」を参照してください。

サービス統合

Step Functions は他の AWS のサービスを統合します。API アクションを呼び出して、Amazon ステートメント言語 から実行を直接調整できます。詳細については、以下のトピックを参照してください。

サポートされているリージョン

Step Functions が使用可能な AWS リージョンのリストについては、AWS General Referenceの「AWS のリージョンとエンドポイント」を参照してください。

Amazon Web Services について

Amazon Web Services (AWS) は、開発者がアプリケーションの開発時に利用できるデジタルインフラストラクチャサービスの集合体です。サービスには、演算能力、ストレージ、データベース、アプリケーション同期 (メッセージングとキューイング) があります。AWS では従量制のサービスモデルが採用され、ユーザーまたはアプリケーションが使用するサービスに対してのみ課金されます。AWS の新規ユーザーには、無料利用枠があります。この枠では、サービスを利用しても一定のレベル以下であれば無料です。AWS のコストと無料利用枠の詳細については、「AWS 無料利用枠の使用」を参照してください。AWS アカウントを取得するには、AWS のホームページにアクセスし、[Create a Free Account (無料アカウントの作成)] を選択します。