Step Functions で Athena を呼び出します。 - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Step Functions で Athena を呼び出します。

Step Functions、特定のAWS『Amazon ステートメント言語』の「」を参照してください。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS Step Functionsとの統合に関する詳細については、以下を参照してください。

最適化された Athena 統合が Athena とどのように異なるかAWSSDK統合

-AWS Step Functionsサービスと Amazon Athena との統合により、Step Functions を使用してクエリの実行を開始および停止し、クエリ結果を取得できます。Step Functions を使用して、アドホックまたはスケジュールされたデータクエリを実行し、S3 データレイクを対象とする結果を取得できます。Athena はサーバーレスであるため、インフラストラクチャの設定や管理は不要です。また、実行したクエリにのみ課金されます。

と統合するにはAWS Step FunctionsAmazon Athena を使用して、提供されている Athena サービス統合 API を使用します。

サービス統合 API は、対応する Athena API と同じです。次の表に示すとおり、すべての API がすべての統合パターンをサポートしているわけではありません。

API リクエストレスポンス ジョブの実行 (.sync)
StartQueryExecution
StopQueryExecution
GetQueryExecution
GetQueryResults

サポートされている Amazon Athena API:

注記

Step Functions には、タスクの最大の入力または結果データサイズのクォータがあります。これにより、別のサービスとの間でデータを送受信するときに、UTF-8 でエンコードされた文字列として 262,144 バイトのデータに制限されます。「ステートマシンの実行に関連するクォータ」を参照してください。

以下には、Athena クエリを開始する Task 状態が含まれています。

"Start an Athena query": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::athena:startQueryExecution.sync", "Parameters": { "QueryString": "SELECT * FROM \"myDatabase\".\"myTable\" limit 1", "WorkGroup": "primary", "ResultConfiguration": { "OutputLocation": "s3://athenaQueryResult" } }, "Next": "Get results of the query" }

他のででを使用してを設定する方法については、「Step Functions」を設定する方法の詳細については、AWSサービスの詳細については、」統合サービスの IAM ポリシー