Step AWS CodeBuild Functions による呼び出し - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Step AWS CodeBuild Functions による呼び出し

Step Functions AWS は特定のサービスを Amazon ステートメント言語 (ASL) から直接制御できます。詳細については、「他の サービスでの使用」および「サービス API にパラメータを渡す」を参照してください。

CodeBuild 最適化インテグレーションと CodeBuild AWS SDK インテグレーションの違い
  • ジョブの実行 (.sync) 統合パターンがサポートされています。

  • StopBuildまたはを呼び出してもStopBuildBatch、 CodeBuild ビルドやビルドの状態を確定するための内部作業が完了するまで、ビルドまたはビルドバッチはすぐには削除できません。この期間中に BatchDeleteBuilds または DeleteBuildBatch を使おうとすると、構築または構築バッチは削除されない場合があります。BatchDeleteBuildsDeleteBuildBatch のために最適化されたサービス統合には、内部再試行が含まれており、停止直後に削除するというユースケースを簡素化します。

AWS Step Functions AWS CodeBuild とのサービス統合により、Step Functions を使用してビルドのトリガー、停止、管理を行ったり、ビルドレポートを共有したりできます。Step Functions を使用すると、アプリケーションのソフトウェア変更を検証するための継続的統合パイプラインを設計および実行できます。

次の表に示すとおり、すべての API がすべての統合パターンをサポートしているわけではありません。

API レスポンスのリクエスト ジョブの実行 (.sync)
StartBuild
StopBuild
BatchDeleteBuilds
BatchGetReports
StartBuildBatch
StopBuildBatch
RetryBuildBatch
DeleteBuildBatch
Step Functionsのパラメータは次のように表されます。 PascalCase

ネイティブサービス API が camelCase にある場合でも、たとえば API アクションではstartSyncExecution PascalCase、次のようなパラメータを指定します。StateMachineArn

サポートされている CodeBuild API と構文:

注記

BatchDeleteBuilds には、JSONPath 再帰的降下 (..) 演算子を使用できます。これは配列を返し、次の例に示すように、Arn フィールドを StartBuild から複数形の Ids パラメータに変換できます。

"BatchDeleteBuilds": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::codebuild:batchDeleteBuilds", "Parameters": { "Ids.$": "$.Build..Arn" }, "Next": "MyNextState" },

IAMStep Functions AWS 他のサービスと併用する場合の権限の設定方法については、を参照してください統合サービスの IAM ポリシー